fc2ブログ
なるようになっていく・・・
もう夏ですね(^_^;)

さて、今日はMaoriちゃんのクリスタルボール演奏会に行ってきました~♪

クリスタルボールの演奏は何度も聞いてますが、毎回寝落ちなのに今回は、まったく寝落ちしませんでした(*^_^*)or(^_^;)???

二部構成で一曲目は軽め、二曲目はディープな演奏でしたが、通常軽かろうが、重かろうが、数分と持たず、完落ちが常態でした。

今回、初めて、一曲目に落ちないのはともかくも、二曲目のディープな方でさえ、そうそう、この感じだなぁ~と落ちていきつつ、落ちません(笑)

結局、最後まで完全に目覚めて聞いてました。これはかつて無い事ですね( ・_・;)

ですが、演奏終了後のしばらく代謝が下がって動けないような感じは、いつも通りしっかりあるという不可思議さ???

寝落ちしない人は本来、こうなのかもしれませんね。人の何倍も参加してやっとここまで来たのか、はたまた今回だけなのか(笑)

まぁ、なるようになっていくでしょう。

なるようになるといえば、終了後、何人かの方とお話したのですが、最近、先に現象がやってきて、その後、それに意識が追いついていくような展開になる事が多いという話が出ました。

じっくり考えて、道を歩むというより、あっという間に現象が変化し、それに意識が追いつくのが大変ということでした。従って、考えてもしょうがないので、なるようになっていく・・・と達観しだしたとか(*^_^*)

私も最近は、ほぼ、ああでも無い、こうでも無いという思考が無くなってしまい、まさに、なるようになっていく・・・という思い(そんな思いも別にありませんが、言葉にしないと(^_^;))です。

そして、なるようになっていく・・・わけですから、自分の力量を圧倒的に超えたものはやっては来ないんですね。ということは、必ず何とかなることしかやってこないわけですから、出来るのか出来ないのかとか、やるのかやらないのかといった、逡巡するような思考は無駄であり、単にどうやれば良いかだけ考えればいいわけです。

実にシンプルなわけです。お話した方々もそういう局面に突入しているわけですが、まだ、ああでも無い、こうでも無いと思考のクセが出るという方もいました。

ですが、気付かれているわけですから、いずれはシンプルになっていくことでしょう。

私の周囲にそういう人達が増えだしたということは、私の世界からすれば引き寄せであり、私と似たような世界に生きている方々が増えている、あるいは出会っているのでしょう。

私は特別、そういう生き方を望んでいるわけではありませんが、波動ですから、結果的に類は友を呼ぶとなるのだと思います。

今回、お二人の方に別々に、UFOやオーブ、妖精の写真を見せて頂きました。私は、神霊や心霊も含めて特別関心は持っていませんが、何故か、私に携帯に撮った写真や動画を見せてくださるんですね。

顕在意識では分かりませんが、潜在意識ではこの手の話、波動を許容しているのかもしれません。だから、引き寄せる、引き寄せられるわけで。

ひょっとすると、何か神様にご縁が出来るのかもしれませんが・・・これも、なるようになっていく・・・ですね(笑)
【2015/05/18 01:04】 | クリスタルボール | トラックバック(0) | コメント(0)
奇跡は続くよ!・・・どこまでも?
今日は風が少し強かったですが、桜も満開で好いお天気でしたね~♪

明日からは新年度です。新しい人生の門出を迎える方もたくさんいらっしゃるでしょう。

そういえば、当然、春休でもあります。子供が身近にいないので、こういう区分けは今の自分には非日常的です(笑) 

今日のRAURAさんの演奏会には、RAURAさんの小学生の姪御さんも来てました。時代を担うクリスタルボーラーかもしれません。身近で本物に触れるというのは、特に幼少の頃は尚更、素晴らしい体験です。キッズのコースも開いていくそうなので、将来は素敵なクリスタルボーラーが増えていることでしょう。老後の楽しみがまた一つ増えました(笑)

さて、タイトルの奇跡ですが、別に、不思議でも神秘でも、あるいは偶然でも構わないわけですが・・・何を選ぼうと、引き寄せの作用点になるわけですから、なるべく効果の大きそうな、トキメキを感じる言葉を選んだ方が得というものです(笑)

仕事を終えて、桜を眺めながらプラプラとマーパイさんへ向かったわけですが、時間が少しあったので王子神社へお参りしてから行く事にしました。明日は四月一日なので、その準備の為に扉が開いていて、いろいろなものが奉納されていました。いつも通り、お賽銭を入れてお祈りし、戻っていくと後ろのほうからこちらを呼ぶ声がします。振り返ると中で準備している方が手招きしておりました。

せっかくお参りしてくれたのも何かの縁だからと、タオルとご縁(五円)を頂きました。何度か来たことはありますが、こんな事は初めてなので、丁度、一緒にお参りに行ったクライアントさんがここの神様にご縁があるのだろうと思い、それをお渡ししました。

ということは、これは何か神様にご縁のあることが起きるのだろうと思ったら、会場でパリのお土産ということで、RAURAさんから参加者全員に奇跡のメダイユのプレゼントがありました(*^_^*)

演奏会の後、生徒さんたちとお茶したのですが、そこで、早速、怒濤の展開を拝見しました。強烈に引き寄せが働くと考えているより早く、物事が展開していくんですね。それは、当然の事で、既にオーダー済みなわけですから、後はそれを受け取るだけなわけです。すべてが、直ぐ目の前まで来ています。抵抗さえしなければ全てが上手くいきます。

前回のパリ行きはこうして決まりました(笑) 今回は、生徒さんたちに怒濤の展開がありましたが、何らかのおこぼれが私にもあるかもしれません(笑) 自分で(意図的、意識的に)作った引き寄せの作用点以外はギフトだと思っているので、これはこれで楽しみです~♪

今回は日本の神様と西洋の神様?のご縁ですから、どんな事が起きるんでしょう。

最近は、目の前を流れ行く光景を静かに楽しむ時間が増えてきました。

高揚感を伴う意識的な引き寄せと、静かに、密かに、でも一旦堰を切ると怒濤の如く展開する、無意識的?な引き寄せ・・・人生、まだまだ興味津々です~♪
【2015/03/31 21:58】 | クリスタルボール | トラックバック(0) | コメント(0)
デビュー
今日は暖かいけど寒い(風が強いので)一日でしたが、私としては雨上がりですから気分は上々です~♪

さて、今日はMaoさんがクリスタルボールの演奏家デビューをマーパイさんでされたのでちょっとお伺いしてきました(*^_^*)

クリスタルボーラー養成コースに私の生徒さんが参加していたので、陣中見舞いに伺った時に初めてMaoさんにお会いしました。その際に、マーパイさんで早速演奏会を開くと伺っては参加しないわけには(笑)

以前、時折、マーパイさんで何人かの演奏会があったのですが、皆さん、それぞれに活躍の幅が広がって巣立っていかれました。

最近は最古参のRAURAさんを除いてめっきり減っていたのですが、今日は、久々に新人のMaoさんが演奏してくれました。

Maoさんも若手ですから、いずれは活躍の幅が広がり、巣立っていかれるとは思いますし、是非、日本のみならず、RAURAさんのように海外へと活躍の場を広げて頂きたいものです。

最近はスポーツの分野を始め、各界で若者の世界的活躍がめざましいですから、是非、それに続いて頂きたいと願いを込めつつ!!!

あっ、そうなるとまた、ご近所のマーパイさんでの演奏が減っちゃいますね(^_^;) おぉぉ~、そうだ!!!私の生徒さんがいるから、心配いらないな~♪

私の生徒さんも世界デビューしたら・・・その時は嬉しすぎですね(笑)

新年早々、こんな妄想も楽しいものです(*^_^*)
【2015/01/24 00:02】 | クリスタルボール | トラックバック(0) | コメント(0)
場を変える
前回、暑い日が続きますね・・・と書きましたが、あれは序の口だったんですね(^_^;)

いやぁ~、ホント暑いです。入道雲とか出てくれれば、夏の気分が最高なんですけどね。

さて、今日はRAURAさんのクリスタルボール演奏会がマーパイさんであったのですが、会場もいろいろな意味で熱かったですね(笑)

今回は1/fゆらぎがRAURAさんの演奏から出ているとの事で、強力なクリスタルボールが幾つか用意されていました。そのため、今回はいつもは寝て聞くのを座って聞く方式を取りました。

お陰で、寝ずには済みました(笑)

ですので、体験で明瞭に覚えていた事を書いておきましょう。

ただ、これが1/fゆらぎの影響なのかは私にはわかりません。ネットで1/fゆらぎを調べたのですが、私には難しいところが多々ありましたので、興味のある方はご自分で調べてみてください。詳しそうなのを一つ貼っておきます。

さて、私は三列目に座っていたのですが、音や響きが前の人達にぶつかってくるのはよく分かります。ですが、しばらくすると、調律が進み会場全体の場の周波数が同期しだすため、間にいる人達の存在感は消えてしまいます。

それでも、音は演奏者の位置から聞こえてきます。時折、凄く近くや自分の中から聞こえたりもします。これは、自分の周波数もそれらのボールの周波数にかなり一致してくるからでしょう。

ここまでは、まぁ、いつもの範囲内ですが、今日新たに体験したのは、耳元で演奏が聞こえる体験です。7~8個あるうちの明らかに一つか二つが、いきなり耳元で鳴っているように聞こえるんですね。

RAURAさんの場所の音と、いきなり耳元で聞こえる音ですから、凄い落差があって興味深かったです。座っていて寝落ちしてませんから、ハッキリと自覚できました。

これが、1/fゆらぎの効果なのか、はたまた寝落ちしていないから毎度の事をたまたま気づいただけなのか・・・まぁ、どちらにせよ、体験が増えたのはありがたいことです。

ところで、RAURAさんは拠点をアメリカからパリに移すそうです。パリの芸術の香りに惹かれてとの事ですが、素晴らしい向上心ですね。

このブログはときどき若い方も見て下さっているようなので、若者たちに一つ二つ。
もちろん、志あるもと若い方々にも役立つとは思います(笑)

さて、場を変えるというのは脳(身心も含めて)に絶大な影響がありますね。
だからこそ、震災などでは、悲しく辛い話ではありますが、高齢者から亡くなっていきます。例えば仮設住宅に適応できないとか・・・

逆に子供であれば、直ぐに馴染んでしまったりするわけです。要するに、それだけ、身心に絶大な影響(ストレス)がかかるわけですが、子供はその変化に適応できでも、高齢者には困難であるということです。

では、このストレスが悪かといえば、前回、書いたように逆から見れば、自分の身心を成長させる素晴らしい刺激となりえます。

震災のストレスはあまり意味はありませんが、もしも、自分から意図的に違う環境に飛び込めば、これは、論理的にはやはりストレスとなり、身心の負担となります。つまり、その環境に適応してサバイブするために、耐えられる身心へと神経系を含めすべてが成長しなければなりません。

つまり、場所が変わる前と後では、極端な場合、人が変わったと周囲から見えるほどの変化を起こしたりします。

これほどの変化は場を変えずに自分の意志のみで、変わるぞ!!!と決意しても到底不可能です。

何故なら、たとえば、芸術の都パリで様々なアーティストと交流したり、切磋琢磨したりする事は、日本にいては、幾ら映像やネットで見ても同様の刺激は不可能です。つまり、神経系は生の体験には及ぶべくもないのです。

さらに、ネット等であれば、自分の流儀を何ら変えず、つまり、自分の好みのパターンを変えずに見るのが常態でしょう。実際に住むとなれば、様々な予期せぬ出来事がこれまた、日々起きるが常態であり、オーバーに言えば瞬瞬刻々、それに対応するための神経系が発達しなければなりません。

だからこそ、昔は、可愛い子には旅をさせよ!!!と言ったのです。つまり、(住む)場所を変えると脳が変わるというわけです。

最近の大学生は留学とか海外に出るのを嫌うそうです。特に優秀と言われる東大生はそれが顕著だそうです。

つまり、自分の脳の埒内の安全牌ばかりを選ぶわけですが・・・俺の勝手だろ!!!と言い放ってもいいわけですが、保険や保証を求めるアタマは、もう老人と大差ありません。夢も希望もこじんまり!!!では、これは肩書きが泣くというものです。だから、良くて官僚、一番多い就職先は塾や予備校の講師なんて悲しい現実を迎えることになってしまうのです。

若いうちでないと、こういう身心に負荷のかかる体験は困難です。是非、夢ある若人には海外へ打って出てほしいものです。時代は地球規模なんですから。

さて、内容が高齢者向けではありませんでしたが、私もこちら側に移行しつつあります。気持ちは逸っても気持ちだけではどうにもならないというのも実感しつつある年頃です(笑)。

若い頃、インドに行ったときは朝昼晩カレーで1ヶ月以上、平気でしたが、今は、3日と持たないでしょう。特に、普段、肉は食べないので、肉食系の国では、一食でアウトです。身体が受け付けないんですね。これは、気持ちではどうにもなりません。

だからこそ、柔軟性ある若者には、その若さのあるうちのアドヴァイスです。

まぁ、でも、高齢者でも旅行という選択肢があるわけですから、日本を基点にして、あちこち行けばいいわけですね。お金をたくさん使えば景気も良くなるし。これぞ、年寄りの特権、大名旅行です(笑)
【2014/07/26 20:58】 | クリスタルボール | トラックバック(0) | コメント(0)
余韻の残像
台風が沖合を行ってくれて、良かったですね。

29号が出来かけているらしいですが、またコースを外れてくれることを期待したいところです。

20年位前、11月30日に台風が上陸した記憶があるので、今年は海水温も高いですし、まだ幾つか来るかもしれませんね。

さて、今回は明確な言語化や一般化は出来てはいないので、備忘録代わりですm(__)m

前々回のブログで音のない音というタイトルで書きましたが、前回に続き、その後という感じですね。

あの体験、感覚以降、音(正確には音と音の間(ま))に何となく注意が向き出しているのに気づきました。

『頭がない方法』で真我に気づいている時、今までは音に注意を向けたことはありませんでした(そんな余裕はなかった)が、あれ以来、何となく音(正確には、今の私には聞こえませんが、真我の音?)に耳を傾けてしまいます。

昨日、ネットサーフィンをしていて、何故か、エックハルト・トール氏の動画に偶然出会い、はたと気づくことがありました。彼の動画は最初と最後にチベタンベルの音が鳴るものが多いと思います。

今まで一度も意識に上りませんでしたが、彼のこの動画の一番最後で講話の終了の合図として3回、チベタンベルを鳴らしました。その時、彼が各回毎に静寂を味わっているのがハッキリ感じられたんですね。

彼は講話中に意図的に長い時間沈黙を保って、視聴者を静寂へと導こうとしてくれるわけですが、最後のチベタンベルのほんの短い間(ま)でも静寂をしっかりと味わってから、再度鳴らしていました。

私は彼に誘われて、彼と共に静寂にいましたが、動画が終わって余韻を感じている時、ふといつもとほんの少し違っていたことに気づきました。

それは静寂の中にいながら、半ば無意識に静寂に耳を傾けていたということです。これまでは、静寂の中にいて、静寂に浸り、静寂を味わっていました。ここまでは同じですが、この時は聴覚にも注意が働いていたということに後で気づいたわけです。もちろん、静寂ですから、今の私の聴力ではその音を聴くことはできません。

ですが、先日の演奏会から、どうも音(正確には間(ま))に意識が向き出したようです。

そこから、ふと幾つかの事を思い出しました。

マーパイさんでのRAURAさんや他の方の演奏会がなくなって、誰かいい人がいないかとネットで調べたことがありました。何人かの演奏者の動画を視たのですが、どうも食指が動かず、それっきりになっておりました。その時は、まだ真我を見る前でしたので、演奏のスタイルとか技巧が自分の感性に合わないのだなと考えたのですが、そうではなく、その時、たまたま視た演奏者の方々が、間(ま)を取っていない事に気づいたのです。

クリスタルボールを大きく鳴らすような、さらには強く叩くような演奏の仕方が自分の感性に合いませんでしたが、それは、私が無意識に間(ま)を大事にしていたからなんですね。幾つかのボールを立て続けに鳴らせば、各ボールが共鳴、共振するわけですが、それでは静寂、間(ま)が無いわけです。もちろん、演奏の善し悪しとか、技巧云々、そのスタイルの好き嫌いとは別次元の話です。

エックハルト・トール氏を観ていて、先日の演奏会で私は間(ま)の音、すなわち静寂の音を聴こう(意識する)としていましたが、クリスタルボールの演奏、波動で半ば、無意識になった時に、その状態で静寂に耳を傾けていたこと(気づき)に気づきました。

私が観た動画の演奏者の方々は、その時点では、間(ま)には気づいておられなかったのでしょう。ですから、音が鳴りっぱなしなんですね。もちろん、そういう演奏を志向されているのでしょうから、私がとやかく言う筋合いではありません。私が偶然、マーパイさんで意識的か無意識的かともかく間(ま)を取る演奏者ばかり(全員RAURAさんの生徒です)聴いていたわけです。感性の問題ですから、そういう感性が無いというか、志向性&嗜好性が無いと共感(共鳴、共振)は難しいかもしれませんね。思考レベルの事ではないので。ざっくり言ってしまえば、相性の問題とも言えますが(笑)

というわけで、意識的には昨日辺りから、無意識には、先日の演奏会から、静寂、真我に気づいている時に、それに耳を傾けている自分に気づき始めました。

面白いのは、テレビのCMとかで音が途切れると、それによって、静寂に引っ張られるんですね。ほんの僅かな間(ま)が生じると、意識が静寂を思い出すという逆向きの働きが起き始めたというわけです。

聴覚に注意を向けて演奏会を聴きに行ったわけですが、こんな副産物をもたらしてくれるとは思いもしませんでした。

で、ここかからは論理的推測ですが、クリスタルボールのみならず、他の楽器でも静寂に耳を傾け始めると思います。考えてみれば楽器ですから、音に注意を向けるのが普通ですが、今の私は静寂、間(ま)に注意が向いてしまいます。まだ、曖昧で明瞭にはとても言語化出来ませんが、静寂から音が生まれてくる感じがするんですね。

ですから、もしも演奏者が静寂に気づいていて、そこから音が生まれてくると実感しているとしたら、その演奏者の楽器の音、というより、その波動、その空間が真我の質を帯びてくる、さらにはそれを奏でる・・・なんていうこともあるのだろうと想像してしまいます。

そして、さらに、神経系が成長、洗練されてくれば、たとえば、絵なんかにも静寂を感じ取れるようになるかもしれない気がしています。私は絵の中では水墨画が好きですが、あの真っ白な余白が何故かとても好きなんですね。特に武蔵の書いた『枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず)』、これも、無駄を省いた、感性を研ぎ澄ました描写に心が惹かれていたのですが、余白が広大な空間と感じられ、静寂となってこの絵を眺めていると、自分がまるでこの絵(世界)の中にいる感覚にさえ襲われてきます・・・他の絵でもそんなことが起きるような気もしてきました。

こういった流れで、嗅覚や味覚や触覚でも、この世界をこれまでとは違った世界として開示してくれるのではと・・・

もちろん、以上の事は私の単なる主観です。ましてや、まだ続いているクリスタルボールの一過性の効果かもしれません(笑) ですから、備忘録です。

でも、世の中広いですから、100%同じとはいかないのは当然ですが、似たような感覚を持っている方もいるのではと密かに期待しているんですけどね~♪
【2013/10/28 22:23】 | クリスタルボール | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する