fc2ブログ
感想文
素晴らしい感想文を頂いたので、掲載させて頂くことにしました。

表現力が秀逸ですね。見習いたいものです(*^_^*)



気功教室&フェルデンクライス教室のレポート

前回はレッスン中に筋肉痛になるという、近年ありえない体験をした気功教室。
気功なめてました、すみません。


自分の体(かたさ)に絶望し、
毎日足首や背中をゆるめようと意気込んだものの
いざやろうとなったらどんな動きか思い出せない、何か違う気がする・・・と思いながらもやった、あやしい練習。

それでも、前回よりも先生の言ってることの意味を体が少し理解できて、ほんのわずかでも思い出して意識して実際にやってみるって大切だなって実感。

気功って『呼吸法の体操』みたいなイメージだったけど、体に気を通すって全然そんな簡単なことじゃなかった。
特に、体のかたい私にとっては。

次は、うまく説明ができないけどすごく面白いフェルデンクライス!

言葉にすると・・・
・頭で考えて動いてみる。
・体のつながり、仕組みに気付く 。
・自分の体に気付く。
・簡単に動けるようになる。
みたいな感じなんだけど、実際やってみないとわかんないだろうな。

実は、気功教室のペアワークをフェルデンクライスの清宮先生と組ませていただいて超ラッキーだったんですけど、

手だけで押す
腰から押す
足から押す


え、これだけでそんなに変わるの?ってぐらい、どうやったら足から押せるのかすごくわかりやすくコツを教えてもらっちゃったりして

さすがフェルデンクライスの先生です~!
清宮先生のアドバイスのおかげではっきりと違いを認識できた。全然違う。体っておもしろい!


フェルデンクライスの最中に
「あれ?わたしの体ってやわらかいな」と思って、
「なんてしなやかでやわらかい体なんだろう。」って思いながら動いてた自分に驚いた。

ついさっき気功をやってたときは、かたいなあと思っていたのに、 フェルデンクライスをやってて真逆に感じるなんて!

かたい部分と、やわらかい部分があるんだろうけど、私の体、本当はやわらかいのかもしれない!

「本来の体はやわらかいもの」という意識は一応あるけど、その可能性を初めて実感した。

この気持ちで気功のワカメをやったら、わたしワカメになれそう!

あと、やわらかいベッドが必要なのは、石のように固い体だから。という清宮先生のお話に納得。

体がやわらかければ、固い岩の上に寝たって全然平気。
岩の形に体を合わせて寝れば体に負担がかからないという理屈です。

私は合う枕が見つからなくて肩こりもひどいし本当に困ってるんだけど、枕が合わないのではなく、体の使い方を覚えて枕の形に合わせて寝ればいいんだって今日わかった。

そうはいっても、今の枕はどうしても合わせられない感じがするので、いっそのこと枕なしで寝た。
そしたら、たまたまだろうけど朝までうまく寝れた!

「あ、こう動かすのか!」と体と頭で覚えるのって楽しい。
義務教育でやってほしいよ、こういう大切なことは。

フェルデンクライスのような体の使い方、つながった動きがわかっていると、サロンでも本当に役立つなと思ったのもつかのま、「わかっていると」というよりも、「感じる・考える・やってみる・理解する」という一連の仕組み、これがフェルデンクライスメソッドなのかも。

清宮先生がフェルデンクライスについて紹介してくださった文章の意味が実感できた。

「~天才の学び方、学び方を学ぶメソッド~、つまり『コツ』を掴んで豊かな人生を生きるためのメソッドです。
このメソッドは、『指示通り、手順通り行っていくと何を感じるか』、さらに能力が上がれば『その感じたものをベースにレッスンの意図を感じ、考える』ことが出来るようになります。この型が神経システムに身につけば、何をやってもすぐにコツが掴めて上達し、きっと思いもしない有意義な人生が送れるでしょう。」

いや、ほんとそんな気がする!
次はどんなことに気付いちゃうのかしら♪
【2019/03/17 23:01】 | フェルデンクライス体験談 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミア・シーガルのコース終了
今日で一週間ほどのコースが終了しました!!!
先週の土曜から木曜までがアドヴァンス、昨日、今日が一般向けでした。

ミアの教えはシンプルで、モーシェのやり方、モーシェの人間観に忠実であり、奥が深く汲めども尽きぬ泉のようです。

人を変えるのではなく、その人自らが、まるで花が開くように自ら花開いていき、その自らの可能性を自らの手で開花させ始めたときのその人の驚愕と驚喜、光り輝く満面の笑みをいつも眼前に見るとき、人はなんて素晴らしいのだと感嘆せずにはいられません。

いつの日か、ミアのような頂に登りたい!!!と思うのは私だけではないはずです。

さて、コースの内容や教えは文章では理解し難いので、コース中に面白かったことを一つ二つ・・・

3日目にお誘いを受けて数人で飲みに行ったのですが、ちょっと風邪が入ったらしく頭痛に。薬局でバファリンを買い、待ち合わせ時間にまだ余裕があったので、W氏に誘われ本屋に寄ることにしました。

青山のとあるビルの地下にあるのですが、散歩がてらではまずは見つからないだろうと思われる場所で(笑)
地下に階段を下りていくと、ハリー・ポッターのような気分に。フェルデンクライスと頭痛薬の相乗効果に加え、お香の香りと並んでいる本が、これまた眼が点になる本ばかり・・・

中年男3人が、まるでディズニーランドにでも行った子供の如く、おぉ~~~~~~~~~~!!!とはしゃぎまくり(爆)

それほどまでにディープな本や貴重な(妖しくかつ怪しい)本が無造作に並んでいるのです。これほどの品揃えは日本広しといえども無いのでは・・・西荻窪のほびっと村の本屋よりもディープ度があるような気がします。こんな本屋が青山のとあるビルの地下にあるなんて、なんて妖しい世界なんだ(笑)

大はしゃぎした中年男たち、青山ベルコモンズでショッピングしてきた綺麗どころの女性陣と合流して洒落た居酒屋に・・・この差は何なんだ!!!(笑) 

ハイテンションで突入したため、W氏と数学教師のS氏がフェルデンクライスと微分積分の関係性の話題で大盛り上がり。算数の段階でリタイアした私は眼が宙を泳ぎ(苦笑)

私は体調もあるし、翌日辛いので早めにリタイア。残った酒豪連は、11時過ぎまで飲んでいたそうで、私、残っていたら翌日は逝きましたね(爆) 早めに帰ったので体調にも影響はありませんでしたが、4日目なので若干、お疲れモード。でも、クリスタルボールの演奏会が運良く入ったので、体調はV字回復しました!!!

翌日、女性陣と一人行動を共にしていた羨ましい奴M君が、いきなり私の袖を掴んで、『どうしたんですか!?!?そのキラキラ波動は!!!何をしたんですかぁ~~~~~』と驚愕していたので、クリスタルボールの効果は絶大だなぁと改めて客観的に確認できました(笑)

そんなこんなであっという間に木曜日でアドヴァンスが終了。金曜日はいつもどおりの仕事だったのですが、これがとても不思議な感覚。すべてがいつもどおりなのに、10年ぶりくらいの感覚なんですね。その場所に来るのも会う人も先週とまったく同じなのに。

たった一週間前のことが遙か遠い昔のような感覚・・・今の私にはうかがい知れない何かの影響がコースによってあったのでしょう。ミアはいいなぁ~♪ 来年もあったら出たいなぁ(#^.^#)
【2010/11/28 22:37】 | フェルデンクライス体験談 | トラックバック(0) | コメント(0)
久々にフェルデンクライスのWS参加~♪
昨日と一昨日、久々にフェルデンクライスのワークショップに参加してきました。何年ぶりかで他の先生のATMを受けられると楽しみにしておりましたが・・・超久しぶりの全身筋肉痛です(T_T)

まぁWSのタイトルが『武術とフェルデンクライス』ですから、ズーッとのんびりと寝かせてくれるとは思ってはいませんでしたが(笑)

で、恒例の印象に残ったこと一つ二つ・・・(ちょっと解りにくいです(^_^;))

概念とテクニックに関してです。たとえば護身術を学ぶとして捉えると、テクニックとして学ぶ場合、状況とか相手の武器とか人数とか、多様な状況を設定して対応の仕方を考えることになるわけですが、当然、相手は十人十色、状態は千状万態、動きや状況の変化は千変万化となり、いったい幾つの対処法を学ぶのか?と言った問題に出くわします。もちろん、無限といっても差し支えないでしょう(^_^;)

これを概念から捉えると同じ護身術の技が一挙にシンプルな要素の様々な組み合わせであり、その組み合わせ自体も幾つかの重要な理(ことわり=原理)から成り立っていることに気づかされます。その視点から眺めると、まるでタネと仕掛けが分かって観ている手品のようにやっていることがありありと分かるようになります。もちろん、分かったところで、見事にできるわけではないのは当然手品と同じです(笑)でも手品のタネに自力で気づくことすら大半の人は一生かかっても無理でしょう。時間は限られています。

この概念が分かると、たとえばATMでやっている動きが、実は習った技の一つの重要なファクターとなっていて、そのファクターの重要性を理解・体感できるためにスモールステップとしてATMが考えられていることが『後で』解るのです。

さらに、技は単なる動作ではなく『意』(意図、意識、意志、精神)を持つことが重要ですが、技を学ぶことで逆にATMの中の単なる動作だと思ってやっていたものが、実は『意』を持つことで行動となることも気づかされます。

ATMをやることで技がどのように成り立っているのか?を明瞭に理解できるように誘い、さらに、技を学ばせることで、『意』によって単なる動作が行動に結びつくということを解らせるように組み立てられているのです。なぜ単なる動作ではダメなのか?それはサバイバル(生存)という概念から来ているのですが、これは膨大な領域を含むので、心は逸りますが、いずれということで、重要とだけ覚えておいてください。そうすればATMやFIの質がいずれ変わってくることで言語化できなくても実感できるようになります(^_-)

さて、さらにこのようにATM(正確にはフェルデンクライス・メソッドですが)と技を相互規定的相互浸透の仕方で学んでいくことが、脳の発育・発達を促し、それを踏まえての質(動きは言わずもがな、様々な領域の)や気づきの能力の向上により、人間性(性格や、生来の資質と思われているモノ、精神)にまで影響(変容)が及んでいきます。

そして、こういう学び方のプロセスに入って生きていくことを日本では『道』と呼んだのだということも解らされました。

すなわち、技を単なる『術』(テクニック)から捉えるのでなく、『道』、すなわち『術』を通して、人間性の陶冶にまで至る道(プロセス)というものがある!ということに気づいたからこそ、柔道とか、華道とか道をつけたのですね。単に道徳とか良い人にするための躾けレベルで捉えられている向きがありますが、こういったプロセスを辿らせられるかどうかが、その流派や指導者の肩にかかっているわけです。

こういったプロセスに入りながら学ぶと何が起きるのかを今回、まざまざと見ましたが、もう長いのでこれくらいにします。

解りにくい文章ですが、これは偏に私の勉強不足、理解の低さの故ですので、是非とも、皆さんご自身で実感していただけたらと思います。

解らないけどなんか凄いのか?と思っていただければ、幸いです。こういう学び方のプロセスに入れることは、本当に凄いのですから(^_-)
【2010/03/23 14:52】 | フェルデンクライス体験談 | トラックバック(0) | コメント(4)
ズボン落ちるぅ~・・・お肉はどこへ???
 いやぁ~、日記を書くのは久々ですね~(^_^;) 一応、生きていますんで(笑)

 さて、たまには・・・ということで、面白い?話を一つ。

 最近、FIを受けに来た方のお話。

 年齢は60代後半の女性で、ご要望は猫背を何とかしたいとのこと。

 仮にAさんとしましょう。

 A:「猫背が治りますか?」

 私:「とりあえずやってみましょう(#^.^#)」

 ・・・

 FI終了後・・・

 A:「背中のお肉が削ぎ落ちて、猫背がかなり良くなっている気がするんですが?」

 私:「鏡をどうぞ(#^.^#)」 (姿見で確認していただく)

 A:「やっぱり!!!」「不思議ですね?ただ、寝ていただけなのに???」

 私:「ですね(#^.^#) 面白いでしょう(^_-)-☆」


 さて、一週間後・・・

 A:「直後はかなり影響が残っていたんですが、さすがに元に戻ってきたようです。でも、少し痩せた気もするんです。体重は変わらないのに?」

 私:「今日は、2度目でFIに馴染んでいますから、もっと何かあるかもしれませんね(#^.^#)」

 FI終了後・・・

 A:「あの~、猫背が治っているような気がするんですが\(◎o◎)/!」

 私:姿見を指して・・・「ご自分でご確認ください(#^.^#)」

 A:何故かモジモジしながら、鏡に近づき、鏡を見てビックリ!「猫背じゃない!?」

 後ろに飛び出ていた背中がなくなり、その分、胸が前へ出て豊かに・・・「こ、これ、私ですか・・・」
   
        さらに・・・

 A:「これ見て下さい!!!」  ズボンに両手を入れて、「お、落ちちゃいます・・・どうしましょう。ベルトを持ってないし・・(^_^;)&\(^o^)/」

 私:「効果ありましたね~(^_-)-☆」と言いつつ、内心、『ま、まるで、テレビの通販の広告だな(^_^;)』と驚きを禁じ得ませんでした(笑)

 その後、お腹の肉はどこへ消えた?かをお話して2回目終了。

 帰り際、Aさん曰く、「もっと早く知っていれば・・・。人生をもっと、もっと楽しめたのに(>_<)」

 私:「みんな、そう言います。私だって言いましたから(笑)」

 

 さてさて、ご本人は次回もヤル気満々!!!どう変わっていくのでしょう(#^.^#)

 でも・・・

 もう、変わっているんですよね~♪ お見送りしながら、後姿を見ていてはっきりとわかりました(#^.^#) 
【2008/05/31 18:13】 | フェルデンクライス体験談 | トラックバック(0) | コメント(0)
人格にまで・・・
2ヶ月ぶりにいらしたTさんが、毎回来ているMさんの変化に驚愕していたので、それに関して一つ二つ・・・

 Mさんのあまりの変貌ぶりにTさんが、ここ2ヶ月の間に何か特別の事をしたのですか???と驚愕しつつ聞いてきたので、いつもどおりですよ~♪  とお答えしました。当然、納得するわけもなく(苦笑)・・・というわけで、一般的な上達に関する説明をレッスン後、開始・・・(#^.^#)
...続きを読む
【2007/04/16 23:58】 | フェルデンクライス体験談 | トラックバック(0) | コメント(4)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する