fc2ブログ
クリスマスプレゼント~♪
今日はクリスマスですね~♪

巷ではプレゼントが行き交っていることでしょう。

読みづらい文章にもかかわらず、お付き合い下さった読者の皆様に何か素敵なものをと思っていたら・・・生徒さんたちからご紹介頂いたモノですが、私一人では勿体ないので、ご興味のある方はどうぞ。

自分としてはこれも引き寄せかなと思っているのですが(笑)

まず一つ目は、備忘録でもチラリと触れた、重力に関してです。以下の動画は重力との関係性を身体を通して、感じる、眺めるのに魅惑的な創りとなっています。10分ほどですからお手頃です。

もう一つは祈りの効果に関するモノです。これは6分ほどです。映画のサイトはこちらです。

今年一年ありがとうございました!!!

皆様も素敵な年をお迎えください(*^_^*)
【2012/12/25 15:49】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
2012 備忘録4
いよいよ今年も残すところあと僅かですね。

巷では、マヤの暦のことも話題に上がっているのでしょうか。いよいよ明日らしいですね。中国では世界が終わると騒ぎになっているらしい?のをテレビでたまたま見ましたが、今日は晴れのいい一日でしたから、明日もいい一日だと思うのですが(笑)

私の主観(気分)としては昨日辺りから急激に明るい爽やかな波動に変化した感じです。別段、何もあるわけではないのですが、ウキウキしていい気分です。今日も気分がいいので、来年の予定の更新がてら備忘録も書いておこうと思った次第です(笑)

世の中にはいよいよ明日から新しい時代が来ると思っている人達(喜びを持って)が意外とたくさんいて、その人達の波動に引きずられて気分上々となっているのだと思います。これも引き寄せですね(笑)

さて、時系列的にみれば、本来は備忘録としてはこれが一番先になるかと思います。あまり書く気はなかったことなのですが、マヤ歴も終わることですし書いておきます(笑)

書く気が湧かなかったのは、理屈っぽい展開になるかもしれないので、個人的には避けようと思っていたからです。せっかく論理的な展開(思考)はなるべく脇に置いておこうと思っていたわけですから。ですが、何人かの生徒さんに同じような質問&疑問を受けて、参考になるならと考えたので書いておくことにします。

引き寄せの『法則』というものを知った時、考え方の原則を全面的にコレに統一してしまったわけですが、何故にかくも短期間にこの観点からモノを視るようなってしまったのか、なれたのかというものです。これは、備忘録の3でもチラッと触れましたが、この法則を知った時点で、すべてのことがこの観点から見えてしまったので、あまりに当たり前すぎて、何の違和感も感じず、逆に精神世界の観点と日常を分けるほうが違和感を感じるくらいと書いたとおりです。

一生懸命取り組んでいる方からすれば、ここが不思議な感じがするのだろうと思います。

たとえば誰もが学校で音楽を習うわけですが、私は音楽の授業が大嫌いだったので、音階や楽譜の理解も、それどころか音感やリズムも著しく欠如しております。ですので、皆様がどれくらい楽譜が分かるのか分かりかねますが、仮に学校で習うので、平均的に勉強した人が多少分かるとすると、たとえばピアノを習うとき、弾く練習から入れるわけですね。私の場合、五線から外れたら、もう全然わかりません(笑)

つまり楽譜が読めれば、音楽一般の初歩的、基礎的なものは理解しやすいわけです。仮に、ピアノがプロとは言わないまでも上手だとすれば、楽譜を読むということは、英語を英語のままで理解できる人の頭の働きと似たものとも言えます。

ですので、トランペットを習うとすれば、楽譜は心配いらないわけで、トランペットの技術に邁進することができます。もちろん、いくらピアノが上手でもトランペットを吹きこなすのは別次元の問題ですね。

これと同じような論理が私が引き寄せの『法則』に出会ったときに当てはまっただけです。ただ、思考の領域なので目に見えないため、不思議に思えるだけで(笑)

確かに今年初めて、私は『引き寄せの法則』なるものに出会いましたが、部分的には既に人生において出会っていたのは、備忘録2で書いておいたとおりです。

私はネットで検索したあと、紹介されていた本の中から、何冊かをすぐにネットで注文しましたが、その時、『ザ・シークレット』のDVDも紹介されていたので、合わせて取り寄せました。

本を読むよりDVDを観た方が早いと思い、観たわけですが・・・

その時の感慨が、自分がかつて若かりし頃から興味を持ち、探求していた世界を何とまぁ、魅力的に造っているんだろう!!!さすが、ハリウッド仕立て!!!というものでした。

つまり、楽譜はそこそこ読めていたわけですが、かくも見事に表現したり、こんな楽器でも演奏できるのか!!!という驚きに近いものであり、まるで未知の領域というわけではありませんでした。彼らが表現すると、自力や他力、行、修行、神、etc.を何とまぁ、魅力的に表現するのだろうと。

ですから、信じるとか信じないというより、私にとっては当たり前の世界をワクワクするような彩りで魅せてくれ、尚且つそれがすべての領域、当時の私流に言えば、娑婆世界にまで見事に貫く法則であると教えて(気づかせて)くれたわけです。

この時、私の頭の働かせ方は自分のその時点で持っていた脳(能)力やそれまでの人生経験を総動員して理解しようとしていたわけで、DVDを観た時点でおおよそ引き寄せの法則なるものは分かったわけです。

ポイントは、すべては波動であるから、波動が同調することで引き寄せる、引き寄せられるわけだから、如何に望むものの波動になるか?望むものと望まないものを明瞭に区別したければ感情を使うこと。良い気分でいるということが大事であり、良い気分(内面)であれば、外側にも良い気分になるものが自ずから引き寄せられてくる。

だとすれば、最高の良い気分とは何か?内なる自分、本当の自分、ハイアーセルフ、魂、真我、神、etc. 様々な言い方はあるが潜在意識、あるいはもっと深い超意識、宇宙意識と呼べるような意識の領域に同調することが鍵である。つまり、仏像で表現されているような微笑を浮かべている状態、すなわち自分の存在そのものに喜びを感じている状態、至福意識が最高形態の一つであろう。

至福意識が外側に何かを望むのか?という事はとりあえず置いておくとして、やるべき事は、二つ。如何にいい気分の波動を至福意識の方向へ高め続けるか?という内側への方向といい気分になるような願望の持ち方を研究する方向。

最初にDVDを観て、ザッーと頭の中で考えた事はおおざっぱですがこんな事でした。ですから、本は何冊も買ってしまいましたが、まだ読んでいないものもたくさんあります。もちろん、他の考え方もあるかもしれませんが、大枠では外れてはいないでしょう。

そして本を読みながら考えた事は、頭で分かったところで、生きてみなければ意味がないから、まずはこの分析的な思考はできる限り脇に置いておき、本に書いてあることやネットの面白そうなやり方を試してみることでした。

自分の得意なやり方でやる限りは、既にある自分の神経系を使うだけですから、新しい発見や気づきは乏しいわけです。未知なものを理解し体験することほど新しい神経(系)を必要とするわけですから(笑)

つまり、DVDを最初に観た時点で、一端保留しておこうと考えていた若い頃からの精神世界(宗教的な世界観)に一螺旋してまた戻ってくるとは・・・という喜びと驚きでした。こういうバックグラウンドがあったから、理解に関しては早かったというわけです。音楽の例と同じです。

ピアノは見事に弾けてもトランペットは当然素人ですから、見事に吹けるようになりたければ練習するしかないわけで、ピアノと共通性もあるでしょうが、違うところも多々有るのは当然ですから、まずはピアノの事は脇においておいてトランペットの基本をしっかり学びましょうとなるのと同じ論理です。

もう一つ、確信どころか事実じゃないか!と考えさせる、感じさせることが私にはありました。それはフェルデンクライス・メソッドです。

モーシェはユダヤ人ですから、当然成功哲学という側面からもこの法則を知っていたでしょう。秘教的な教えにすら関心を寄せていたくらいですから、もっと根本的な次元から把握していたと考える方がいいですね。

引き寄せの法則からフェルデンクライス・メソッドを見返した時、私は驚嘆しました。このメソッドは心身、特に脳神経系のシステムの発達のさせ方に限定すれば、引き寄せの法則を採用しているどころか、引き寄せの法則が発現してくる過程を可視化できるようにしているのです。それも短時間から長期間に亘ってです。

このブログを読んでくださる方にはフェルデンクライス・メソッドは体験されていない方もいらっしゃるでしょうから、踏み込みませんが、総論・各論・個別的な技法、その組み立て方まですべて適応されていると言っても過言ではありません。

逆に言えば、この法則、原理を識っているからこそ、そのように創っているのでしょう。畏るべき天才としか言いようがありません。

ですから、私は知らず知らずにこの道を実体(肉体、感情)を介して辿っていたわけです。知識としてではなく感情、感性として・・・

さて長くなりましたので、このくらいにしておきましょう。

年の瀬の忙しい時に冗長な文を最後まで読んでくださりありがとうございます。

最後に、私にとりまして確かに2012年でした(笑) 人生半ばにして未知なるモノと出会えるかもしれないというワクワク感を味わえるとは思いもしませんでした。こう感じているのですから、こうなるのは必然でしょう。

少し早いですが、皆様に多少のクリスマスプレゼントになればと思います。

来年はきっと素敵な年になると思いますよ。明日のマヤ歴の大晦日をワクワクして過ごすのを選べるのですから~♪

よいお年をお迎えください(*^_^*)
【2012/12/20 19:18】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する