fc2ブログ
暑い日が続きますが・・・
数日ばかり涼しい日がありましたが、またまた暑さ復活ですね(^_^;)

とはいえ、確実に秋の気配が漂っていることも確かであり、少しずつ、少しずつの変化がいつの間にか、誰の目にも明らかな秋へ、そして冬へ・・・と移行していきます。

よく見れば、夏の中にも秋があり、秋の中にも夏がある・・・

変化とは一瞬で違うものになったように見えても、実は、微かな微かな変化の積み重ねが横たわっているわけですね。

イチロー選手の4000本安打も一本、また一本という積み重ねであり、その一本一本の内実に立ち入ってみれば、実は、すべてと言って良いくらいに質的な違いがあるわけです。

彼の年齢から逆算すれば、同じ事をし続けても一本一本積み重ねることは不可能であり、身心を打てるように変化し続けるからこそ、積み上がったわけです。

さて、自然であれ、イチロー選手からであれ、たとえば繰り返しの重要性が学べるわけですが、単に繰り返せばいいわけではなく、質に注意を払いながらの繰り返しが重要ということでしょう。

ところで、真我を見て以来、どうすればその時間を増やせるかと考えていたわけですが、気づきがベースなので、あっという間に想念に巻かれてしまうことは以前に書いた通りです。

気長に取り組むと書いておきましたが、年齢から逆算するとそれほど時間があるわけでもありません(笑) 別にまったく焦ってはいないのですが、せっかく見たのですから、見る時間を延ばしてみたいという欲はあるわけですね。

そこで、人生の3分の1は睡眠ですから、睡眠中に気づけば時間が一挙に増える!!!と考えたことは書いておきました。

しかし、目覚めの意識と夢、睡眠はまるで、夏と秋と冬と同じくらい、明瞭に違いがあり、いきなり、寝る前に夢で気づくぞ!!!と宣言しながら寝ても、まったくと言っていいくらい夢の中の私は別物で効果がありません(苦笑)

一日一回しかやらないわけですから、効率が悪すぎます。どうやって、目覚めの時の情報(真我に気づく)を伝えるか・・・

つまり、直接が無理なら媒介を考えるわけですね。夢と睡眠(熟睡状態)は脳波で言えば、アルファー波からデルタ波くらいの幅でしょう。目覚めの状態はベーター波が基本ですから、違いすぎるわけです。

そこで、昔取った杵柄で、若い頃、いろいろ瞑想を学びましたので、その瞑想中に真我に気づき続けるということをやってみました。

瞑想では、目覚めている自分が少しずつ目覚めたまま、脳波が移行していくわけです。睡眠のように一挙に違う自分なることはそれほどありません。もちろん、疲れていたりすれば、私の場合、即ブラックアウト(熟睡状態)ですが。

こちらは、睡眠の取り組みとは違って、少しずつ、真我に気づいている時間が増えながら、瞑想できるようになってきました。

若い頃、学んだ正式なやり方ではありませんが、体質的に合わないからとほったらかしだったものが、また、役に立っているわけですから、四季が巡るように、そういう時期に戻ったのでしょう。

ギラギラとした夏の日差しの中を軽やかに飛ぶ、赤トンボを眺めながら、少しずつ、でも、こうして確実に変化していくんだなぁと感じている今日この頃です。
【2013/08/29 18:42】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
UFOカフェ
いやぁ~、猛烈な暑さですね(^_^;) これ、いつまで続くんでしょうか(T_T)

ところで、今日はUFOカフェ*なるものに行ってきました。

考えてみれば、バシャールやエイブラハムなど、宇宙人からの教えを当然の如く受け入れるわけですから、UFOを受け入れる事も当然なわけですが、UFOの事は子供の頃騒いだだけで、すっかり興味の埒外となっておりました。

私にとってはUFOは、車や飛行機と同程度の認識でして、単なる宇宙人の乗り物(物体)ですから、カーマニアのような趣味があるわけでもないので、乗り物自体に興味が湧かなかったわけです。

もちろん、通常、未知なるモノを見た、見ないで騒いでいるわけですから、私の認識が変なのは当然です(笑)

私は見たことはありませんが、そういう存在があっても何ら不思議とは考えていません。

バシャールであれ、エイブラハムであれ、つまり、宇宙人だろうと、神でも仏でも、幽霊だろうと悪魔だろうと、ゾンビだって、さらには、動物だろうが植物だろうが、鉱物でも、何でも素晴らしいと思えるものは、私には我が師だと思えてしまいます。

まぁ、悪魔や幽霊、ゾンビは波動の点から考えて、師には、し難いでしょうが(笑) それでも、素晴らしいと思ったら敬意を払いたくなってしまうのです。そういう意味では、UFOは乗り物ですから、素晴らしいと賛嘆はしますが。

子供の頃は幽霊と同じで興味を持っていましたが、中学生になった頃には、すっかり、興味は無くなっており、気づいたら今に至っていたと。

ですから、ma-paiさんに誘われるまでは、まったく念頭にありませんでした。行ってみる気になったのは、今年はせっかくの変化の年だから、普段の自分ではまずは出会わないであろう人達の波動に触れてみたかったからであり、UFOを見たり、乗ったり?したら人生(観)は変わるのだろうか?という興味が湧いたからでした。そんな理由でも参加OKしてくださり、行ってみたわけです。

で、ディープな体験談を幾つも聞かせて頂いたわけですが、まぁ、もしも、私が子供の頃、そんな体験をしたら、人生(観)は変わった(変わってしまった)だろうなぁとは思いました。

翻って、何故、私はUFOを見ないのだろうか?と問うてみると、見ても何ら人生(観)が変わらないからなんでしょうね(笑)

UFOに乗って別の天体に行って帰ってきても、次の日は同じように生活してますから。脳でも弄られない限り(笑)

私にとっては、UFOであれ、宇宙人であれ、それどころか、上記したように何でも自分にとって、素晴らしく学ぶものがあるかどうかが大事なんです。UFOは凄い飛行機であり、宇宙人は外人とまったく変わりありません。今時、江戸時代じゃあるまいし、外人に騒ぐほどの事でもないわけで・・・といった感覚です(笑)

ですから、宇宙人サイドからすれば私に会っても無駄ですから、来るわけもないわけですね(笑)

とはいえ、否定はまったくしていませんし、今回、目を輝かせている方たちの波動に触れましたから、どこかで縁はあるかもしれませんね。そんな気持ちで、夜空を眺めながら帰宅しましたが、やはり、見ませんでした(笑)

人は見たいモノを見る!と誰かが言っていましたが、その点からすれば、見たいという気持ちがなさ過ぎなんだろうなぁ・・・
【2013/08/10 22:53】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
前提条件の変化・・・5
明日からまた7月上旬の時のような暑さが戻ってくるそうですね(^_^;)

様々な領域で激動が常態化しつつあるのは間違いないのでしょう。

さて、前提条件の変化というタイトルで5回目ですが、そろそろ打ち止めにしましょう。今の自分としては、既にFeelGoodの方向を探し続けるというのはかなり常態化しつつあるので、分析的な思考様式はさほど興味はないのです。

取りあえず、様々な観点の区別と連関が視えるようになってきたので、以前、シリーズ化して書いていた書き方を踏襲してここ数回書いてきました。多少、生徒さんたちにお役に立つことがあればと・・・。これも、私自身の前提条件の変化(区別と連関がある程度付けられるようになったから)ですが、問題点を思考する以上、その問題点の波動を多少なりとも帯びることは避けられません(T_T)

ところで、たまたま引き寄せの法則に関して、前回のブログの内容をしっかりと説いている動画を見つけました(引き寄せた)ので、後は、これを何度も視て、自分なりに納得のいく引き寄せの法則の学び方を引き寄せてください。ご興味のある方は(^_-)

さて、最後に引き寄せの法則であれ、何であれ、一番決定的なファクターに関して一言しておきますね。

これが、あるかないか、どの程度あるのか、どれほどのレベルのものか・・・

それは・・・気・づ・き!!!です。

気づくかどうか、気づけるかどうか・・・

例えば、上段でご紹介した動画ではこちら側(望んでいる状態)とあちら側(引き寄せが成就した状態)という言い方をしていますが、自分の引き寄せの基点(となる波動)が、望むものに近い、さらにはなっているかどうかに気づかなければ、望むものが引き寄せられるかどうかは運(その時点での波動)任せです。

生徒さんたちの話を伺っているとき、正確に見事に引き寄せているんですね。ご本人が望むものが引き寄せられないと考えているだけで・・・

私の目には引き寄せた現象とご本人の波動は実に見事に一致しているように見えます。

でもご本人はそんな事は望んではいない!!!と仰るわけで・・・望むか望まないかではなく、自分がどんな波動を出すか!!!それが、決定的な事に気づか(け)ない。

つまり、気づけるかどうかが、全てのカギです。

モーシェは次の人類の課題は気づきだと言いましたが、まさにその通りだと思います。引き寄せの法則が使いこなせるかどうかも気づきの能力が大きく影響してきます。

気づきの能力を高めるやり方はいろいろあるでしょう。ご自分の好きなやり方を引き寄せて下さい。

気づきの能力が高まると、引き寄せも含めてもっと世界が広がると思いますよ~♪
【2013/08/05 21:07】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
前提条件の変化・・・4
いやぁ~、蒸し暑いですね(^_^;)

昔(25年くらい前)、南インドから瞑想のグルが来たとき、東京のあまりの暑さにウンザリしていたのを思い出します。南インドは50度近くなることもあるので、当時、不思議に思っていたのですが、私も後に行ってみて実感しました。日本(それも大都会の夏)は身体に悪いと。湿度が高すぎるんですね。南インド(マドラス)では、ジリジリした暑さですが、木陰は涼しいんです。湿度が低いので。暑い(熱い)けど爽やかでもあります。

ですが、当時より今のほうがさらに気温は上昇し、異常気象というものが常態化しているわけですから、当時よりさらに悪化していますし、それも、年々、急激に、そして、激的に変化しています。

ということは、2020年にオリンピックを東京で開催するとして、その時の天候はどうなっているんでしょうね。花火大会の軒並み中止など、かつてなかったことです。夕立なんて風情のある言葉が死語になりつつある現在、7年後は本当にそんな風雅?な言葉もあったんだなぁと感慨深い思いになっているかもしれません。

今でも大変な気温と湿度なのに7年後にオリンピックを開催するとしたら、オリンピック選手も熱中症対策が大変でしょうね。まぁ、毎年の如くの日本人には多少有利かもしれませんが(笑)

ここにも、前提条件の変化が見て取れるわけですが、この話と前回のブログでの彼の身心の変化には幾つかの共通の論理が見て取れることに気づかれたでしょうか。

天気の話と犯罪の話???暑いと苛ついて犯罪が増えるというやつか!!!

もちろん、現象的に見れば、そういう傾向は当然あるでしょう。でも、論理のレベルでは、違う次元から見ているんですね。そこから見ると、違う現象に同じものが見えてくるんです。

例えば、犬小屋と総理官邸は同じです。家一般から見れば。感情的に気に入らなかったしても(笑) では、家(一軒家)とマンションは? 例えば、建物という観点から見れば同じです。その観点からすれば、物置小屋でも、公園のトイレでも同じですが(笑)

しかし、こうした論理に馴染まない我々の思考と特に感情(≒心)は屁理屈にも思えるわけですね。つまり、頭としては理解できないわけではないが、感情的には・・・となるわけです。

私も若い頃は、感情的(自分の心の思うまま)にやってきましたが、それでは、到底憧れていた世界は不可能と諦観(自分の好き勝手にやった結果、嫌と言うほど現実に打ちのめされ続けて)して、生き方(=考え方)も修正してきました。

で、こういう思考様式は、一般的には知られておらず、知ったところで、身につける事もまた至難です。必然性故に興味を持った私でさえ、未だに低レベルでうろうろしているのが現実です。もちろん、日常レベル、諺レベルくらいは何とか理解できるようにはなりましたが(^_^;)

そうして幾星霜、偶然的必然性で引き寄せの法則を知ることになりましたが、これは宇宙の根本法則と言われているだけあって、これ一つ押さえておけば、かなりの問題が解決できると気づきました。

複雑な考え方など要りません。例えば、前回の彼を理解しようと、心理学とか学んでいったら、我々一般人には、まずは自分にとって有用な答えを導き出すのは困難でしょう。たぶん、様々な学説を知るだけで残りの人生が尽きるのでは(笑)

さて、前置きはこの位にして、前回の話を引き寄せの法則サイドから眺めてみましょう。

報道では彼には二面性があるといっていました。飼い犬をとても可愛がっていて、彼が捕まった日にはショック死しておりました。ここだけ見れば、なんでこんな彼が・・・となるわけですが、また別の面では周囲の人と多くの揉め事が絶えなかったともあります。

こういう彼の心理(心裏)分析していっても我々一般人の日常生活の改善には大して役立ちません。これは前回述べた通りです。

そんな事より、彼の有り様を通じて、引き寄せの法則がどう働いていたかを理解して、それを日常の自分に適用して生きた方が余程、自分の人生を改善できます。

引き寄せの法則から物事を観ていく時、まず注意すべき大事なポイントは波動です。ポジティブ・シンキングが大事と言われますが、波動を伴っていないなら、無意味どころか、自分の望むものとは逆のものを引き寄せるからです。

私個人の考え方限定ですが、引き寄せの法則を活かすのはこの一点にかかっていると言い切っていいと思います。

すなわち、如何に自分の波動を望むものに近づけるか!!!たったこの一点にだけ注意すればいいんですから、便利でしょう(笑)

で・す・が・・・・・・・・・・・

これが困難でもある(生徒さんたちを視ていて)ことが次第に判って来て、自分なりに解った事を書いておこうと思い至ったことは以前書きました。

で、彼の基調となる波動は?という問いが当然出てくるわけですが、それは、彼の行動と周囲の反応を眺めれば解る如く、争いや諍いであり、要は荒れた波動です。

彼が帰郷したという一点からも簡単に判りますね。都会が気に入っていたら帰るわけもないですから。

つまり、数十年間、帰郷を決意するまで、都会は嫌だなぁ!!!という波動をメインとして過ごしたわけです。

ということは、嫌という波動を基調として持っていて、田舎に帰ったわけですね。素晴らしかった故郷を思い、懐かしみ、また、あそこで過ごしたいと思っていたわけではなく・・・

基調となる波動の原点(の一つ)が都会への嫌悪感であり、故郷への熱い思い入れからでは決してありません。

引き寄せのスタートの波動の基調は全て、嫌悪から始まっています。

もう、お分かりでしょう。

だから、彼の周囲には、彼が嫌悪するものばかりが引き寄せられてきます。

いや、両親を介護したり、町おこしを考えたり、ヘルパーさんたちを家へ招待したり、良いことも考えているじゃないか!!!との反論も当然あるでしょう。

現象をみれば、確かにそうです。しかし、波動から視ればどうだったんでしょう。

両親を介護したいと言うのは本当でしょう。でも、その基底にあったのは、それを理由に都会生活(嫌な)を止める口実に出来たからと考えるほうが筋が通るでしょう。つまり、基調となる波動は、何ら変わってはいません。だから、村人たちと上手く交流できていません。だからこそ、気心をもう少し知れそうな、ヘルパーさんたちと上手くやりたいと思ったのでしょう。ここにも、村人たちは嫌だから・・・という波動が感じ取れます。町おこしも、表向きは村の為ですが、内心は気心を通じて交流できない高齢者の村人より、自分中心の新たな人間関係を作りたいという、ここにも嫌だからという心理(波動)が見て取れます。

つまり、個々の現象の底流に流れている波動に注意を払えば、それがどこに向かって流れていくかのおおよその見当は付くわけです。

難しい論理や知識、学説、高度な認識能力などは要りません。要はどんな波動(≒気持ち)からスタートしているか!!!に注意を払えば、自分が何を引き寄せているか、どの方向に引き寄せられているかが、明瞭にわかります。

我々は往々にして、あなたのために、家族のために、良かれと思って言ったり、行為します。それは、世間一般的な常識では素晴らしい事ですが、引き寄せの法則、つまり、波動の法則から自分の波動を観てどうですか?大丈夫ですか?という視点が欠けていると望む現象(相手、家族、あるいは物、現象でも)が引き寄せられるかは、その時の運(波動)任せとなります。

波動は言葉そのものでもなければ、考え方そのものでもなく、行為そのものでもありません。我々一般人に理解しやすい言葉では、雰囲気とかオーラでしょう。

あなたのことが好き!と言う言葉にその気持ちを感じない、お前の為を思って!!!という言葉の背後に、自分の正当性に酔いしれている、あるいは、言いなりにならない事を怒っている・・・etc. 人は皆、波動を感じて、そして、似たものを引き寄せ続けています。

ただ、それに、気づくこと、忘れずにいることが難しいだけで・・・

この事を忘れずに、後は、自分なりのFeelGood(よりいい気分)の方向を自分なりに探し続ければいつの間にか好転していきますよ。引き寄せですから(笑)
【2013/08/01 16:14】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する