fc2ブログ
続・真夏の夜の夢
前回は玉虫の話でしたが、これは整体師の先生に訊いてみようと思った事のついでの話で、本当は今回の話がメインです。もっとも、まったくの無関係というわけではなかったようですが。

ですが、2ヶ月も前の話ですし、自分としては、亡くなった方のお礼?という妄想で済んでしまっていたわけで(笑)

尤も、私が直接成仏させたわけではありませんから、図々しい話ですね(^_^;) それに、玉虫に憑依しているなら、成仏していないわけですし(笑)

私もこの辺は論理的に押さえていますから、自惚れる気はまったくありません。折角ですから、こじつけで、よりFeelGoodになることを引き寄せる為に使わせて頂いたわけです。

別に玉虫でなくても、古代エジプトだったらスカラベ(フンコロガシ)でも大吉兆として歓喜するでしょう。私には単なるフンコロガシですけどね(笑)

こんな事は誰しもが半ば無意識に、あるいは意識的に、意図的にやっていることです。ついてる!、ついてない!、運、不運なんてその最たるものです。

ただ、多くの人は一番波動として粗雑な現象レベルで、というより、まるでその現象が主で、その利害を被った自分が従であるかのよう考えているわけです。

私は、その現象が生じる前のもっと繊細な波動のレベルでそれを知覚できたら、操作できたら・・・と考えているだけです。

玉虫が私の頭の周りを飛び交ったのは、単に虫が飛び交う現象と見れば、単なる偶然ですし、ある種の波動が私から出ていたから、滅多にいない玉虫が飛び交った・・・と波動の法則からは言えるわけです。

どちらにせよ、現象として出現した時点で、私にとっては既に結果となっています。つまり、玉虫が自分に飛び交うような波動を出しているとは、私はまったく感じられません。しかし、現時点では、これが私の能力ですから如何ともし難いわけです。

ここで次善の策としては、この現象を点として見るのではなく、線、つまり、そういう流れ、運気にあると考えて、ならば、そこに棹を差して勢いを増そうと考えたというわけです。

今回は、たまたま玉虫ですから、直接もっとFeelGoodになる方向に棹を差せばよい!し、これがゴキブリだったりしたら、FeelBadですから、もう少し気分がFeelGoodになるほうへ引き寄せを考えるわけです。

つまり、今の私にとっては、どうすればより気分がFeelGoodになるかが大事ですから、一番粗雑で最終形として出現する様々な現象で修正する(ほぼ不可能ですが)より、より繊細な自分の発する内なる波動のレベルで修正する、というより内面の波動を上げる事が主たる関心事となります。

とはいえ、玉虫のように全く自分の顕在意識では予期せぬ現象が起きるのは、誰にとっても生きているのですから、当たり前です。

人生、何が起こるか分からない。これが普通の人間にとっては至極当然。

で、虫くらいならばともかくも、一応、可能ならば理由を聞いてみたい事もあるわけです。より引き寄せの法則を有効活用するためにも。

それは8月下旬のことです。私は出かける前はお稲荷さんにお参りしてから出かけるのですが、社の前でいつも通り手を合わせていると、背後に人の気配のようなものがしました。

人のような気配ですが、背後に足音も立てず近づく事は不可能です。手を合わせて祈っていると、その気配は私の直ぐ真後ろに来ました。嫌な感じはしませんし、人でないのも分かります。

すると、その直ぐ後ろにいた人のようなものが私を後ろから抱きしめたのです。身長は2メートル以上あるような感じです。感覚的には大きな羽のようなもので私がハグされている感じで、相手と触れていると思われる背中全部がとても暖かいのです。その暖かさが背中全体から身体の中へじんわりと流れ込んできます。

この時、真夏の真っ昼間でしたから、凄く体感的に暑いわけです。ですが、それとはまったく異質な暖かさが背中全体から身体の中へ広がりました。

祈りを終えるとその気配は消えましたが、静かに佇んでいてもまだその感覚は残っていました。

羽に包まれたような感じがしたし、巨大に感じたので、天使か天狗だろうと勝手に妄想し、ありがたいことだ!!!ついてる!!!と引き寄せ的に捉えていましたが、もしも、あちらが私に伝えたいことがあるとしても、私には皆目見当もつきませんし、伝わりません。

玉虫ならまぁ、いいか。で済みますが、これは、何となく引っかかるので、丁度チャンスがあったので伺ってみたというわけです。

で、玉虫の吉兆の一つがこれで、この現象を暗示していたそうです。

天使か天狗と思っていたのは、ご近所のある神社の神様で、その神社は昔は栄えていたのですが、今は、少し廃れて代々の氏子の方々ほど、今の方は信心なさっていないそうです。私が羽と感じ、巨大に感じたのは、その神様のオーラだそうです。またまた私の妄想全開で(^_^;)

私が時折、祈っているので、珍しげに立ち寄られたとか(笑)

まぁ、私自身、特段変化があるわけでもなし、お役目を言いつけられたわけでもありませんから、構わないですけど。私は、自分の気持ちが動かなければ、宇宙人だろうが、神様だろうが、キリストや仏陀がやれ!と言ってもやりませんから(笑)

如何でしたか?

真夏の夜の夢・・・

ひょっとすると、これを読まれた皆さんにも、こんな現象は起きているかもしれません。気づかないだけで・・・あるいは、当然の如く生きていらっしゃる方もいることでしょう。言う、言わないは別にして・・・

以前、UFOの講座に出て、たまには観るのもいいかも・・・と思ったから自分のカルマの範囲内で似た波動の現象が引き寄せられてきたのかもしれません。

考えたけど、、引き寄せられない??? それは、そういうカルマと思えばいいのですよ(笑)

いつでも、よりFeelGoodを目指せば楽しいですよ~♪
【2013/09/21 17:52】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
真夏の夜の夢
随分と涼しくなりましたね。夜は寒いくらいです。

昨日は中秋の満月で、とても美しかったです。次は8年後とか・・・たまたま見たんですが、ついてました(笑)

さて、もう秋というのになんちゅうタイトルなんじゃ!!!とお思いの方もいらっしゃるでしょう。起きたことが真夏だったので。それも真っ昼間だったのですが、真昼の白昼夢とかにすると、ロマンチックじゃないでしょう(笑)

私は段々と日々静寂の感覚が増えてきまして、淡々と日常が流れていくわけですが、単に淡々と事象を書き連ねても、チト寂しいですし、読者の方もつまらないでしょうから・・・

さて、7月23日の事です。よく覚えているのは、この日に未来のイギリス国王が生まれたからです。もちろん、あちらの時間では22日ですが。

駅から自宅までの途中に国道を一つ渡るのですが、信号待ちをしている時に、何気に足下に目が行きました。信号機の下に、美しい花束が括られていたからですが、まぁ、通常、脳裏を過ぎるのは、どなたか此処でつい最近、お亡くなりになったのかなと・・・

ニュースや、新聞では見かけなかったなぁと考えつつ、向こう側に渡った刹那、ありゃ~~~、キタぁ!!!!

いきなり、首筋から肩にかけてド~~~ンと重くなり、背筋に寒気が・・・

家にお持ち帰りしてもちっとも楽しくないし、漂われても困るので、心の中で、私に憑依しても浮かばれないので、あちらに連れていってくださる方をご紹介しましょう!!!と、ある祈りを唱えました。

すると、急に身体が軽くなり、周囲が明るく見えて、スッキリした気分~♪

私は霊は全然見えないので、成仏されたのだろうと勝手に推測し、帰路につきました。

話の途中ですが、この祈りは、ご存じの方も多いでしょうが、神社などで見かける『世界人類が平和でありますように』というあの言葉です。五井昌久という方が救世の大光明(大霊団だったかな)との約束で、この祈りを唱えた人に救世の光を降ろすというものです。

私は除霊や浄霊などできませんから、もっぱらヤバそうな時は、まさにこの神頼みです(笑)

で、これが本当かどうか?と疑問に思われる方もいるでしょう。私もかつて、そんな一人でしたから(^_^;)

以前、このブログでも取り上げたと思いますが、若い頃、建設中の大月のピラミッドにちょくちょく遊びに行っていたんです。天川や諏訪など、神社巡りの帰りに。今で言うパワースポット巡りですね。

そこに、山田先生の瞑想の生徒で、急激に霊能力というか、念力というか、その手の力が開けた方がいまして、その方にこの祈りの言葉を教えたわけです。その方がピラミッドの一番上の部屋(当時はまだ壁はなく骨組みだけでしたが)で、この祈りを唱える度に、凄い風がゴォ~~~~っと吹くのです。我々が唱えても何も起きませんでしたが(笑)

その方曰く、これ、凄いマントラだね。唱える度に、神々から光りが降りてくるよ!!!と言いました。この方は、この祈りの事(五井先生と神々の約束)の事はまったく知りませんし、普通のサラリーマンの方で、山田先生に直接習っているだけでしたから、祈りの言葉がマントラとなっています(笑)

我々が唱えても、風は吹かないわけですから、その方の能力限定じゃないのかと思い、聞いてみると、誰でも、唱えれば光が降りてくるのは視えるそうです。

風が吹くのはこの方自身が、かなりの霊能力を持っているのと、ピラミッドという特殊な地場なため、ついでにより巨大な光を降ろして、一挙に浄化をするためだそうです。

そんなわけで、それ以来、私には視えませんが、信じる者は救われる!!!で使わせて頂いております。

ですので、成仏されるのは当然という感覚でしたから、この事はすぐに忘れて、もう間もなく自宅というところで・・・いきなり、目の前をブ~ンと美しい玉虫が飛び回りました。

子供の頃でも滅多に見ることもなかった珍しい虫です。まして、生きていて、私の頭の周りを飛び回るのですから、こんな事は一度もありません。

頭の中を過ぎったのは、あぁ、さっきの救われた人ね!!!お礼はいいから、成仏してくださいな!!!という思いでした。

それから3日後、自宅を出るとまた、玉虫がブ~ンと私の目の前で飛び交いました。場所が違うので、同じ玉虫かどうか分かりませんが、何匹もいるとは考えにくいので、まだ生きていたのでしょう。

頭を過ぎったのは、アナタ、律儀だねぇ~♪ 気持ちは分かったから、早くあちらに行ったら!!!です(笑)

とはいえ、見かける事も稀な玉虫を二度も見るというのは、何か意味があるのかもと引っかかり、かなりの霊的な能力もお持ちの整体師さんに話してみると・・・

それ、亡くなった人の霊が憑いた玉虫じゃないよ!吉兆だよ!!!その知らせ!!!と言われました。

えっ?無知というか、分からないというのはおそろしい(笑) 私は、勝手にお礼だと妄想していたのでした・・・
【2013/09/20 18:09】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
奇跡と思えるようなことも・・・
大雨といい、竜巻といい自然界はエネルギッシュですね。我々人間にとっては困ったことですが、元はと言えば我々が直接の原因ですから致し方ないことで(^_^;)

つまり、因果関係が明瞭にあるわけです。たとえ、気づかなかった(気づけない)としても・・・

さて、生徒さんのお一人からこんな素敵な話を聞きました(*^_^*)

その生徒さんは車でレッスンに来るのですが、新車なのに、何故か不意にエンストしてしまうようになったそうです。危ないですから、ディーラーに診てもらい、原因と思われる箇所の部品を交換しました。

しかし、翌日もエンストしてしまい、結局直っておらず、日常の足に車が必要なため、レッスンにも恐る恐るその車でいらっしゃいました。

レッスン後、皆さんがアドバイスしておりましたが、最近の車はアイドリングストップ(エコモード)が付いているので、それは切ったほうがいいだろうということになりました。

そして、引き寄せも知っていますから、無事に家に帰れてホッとしていると念じてありがとうと唱えながら帰ったそうです。

1時間弱の道のりで、20数個の信号があったそうですが、なんと、一つも止まらずに帰宅したそうです。もう、10年近く、レッスンに来ていますが、そんなことは初めてだそうで、大変驚いていました。

まさに、信じよ。さらば与えられん!ですね(*^_^*)

このブログを読まれている皆さんなら、引き寄せだから当然なんだろうなぁと思う方がほとんでしょう。そんな方でなければ、このブログを読み続けるわけがありませんから(笑)

さて、引き寄せの法則から見れば当然の帰結なわけですが、もう少しそのメカニズムの構造に立ち入ってみると、実に興味深いことが解ります。

つまり、引き寄せ方です!!!

たとえば、信号で止まっているとき、エンストしやすいですから、信号で止まりたくないというのは人情です。そこで、やはり、帰り際、信号で止まったらどうしようという話(不安の波動)が出てしまったわけです。そこで、皆さんが、大丈夫!!!無事、安全に帰宅して感謝していることに焦点を当てなさいと言っていました。さらに、リスクを減らすために、アイドリングストップはオフにしたらというアドヴァイスも引き寄せました(ご本人はこの機能に気づいていませんでした)。

結果、翌週、上記したご報告を受けるわけですが、ここで、もしも信号が一つも止まらないようにという事にフォーカスしたら、信号は同じように全部青になったでしょうか?

論理的には可能ですが、通常の人間の精神状態からすれば不可能に近いでしょう。20数個の信号に今度も青であるように念じ続けるのは、それも赤を思い浮かべずには、不安を抱えているが故に不可能でしょう。

ですが、いつもの我が家に帰宅して、ニコニコして感謝しているのを想像(創造)するのは一つだけでOKです。そうなるために、結果、信号がノンストップになったわけで、信号をノンストップにしたから、安全に帰宅したとは、似て非なるモノです。

体験談を聞いた他の生徒さんたちも引き寄せの法則はよくご存じですから、当然と思えても、いざ自分の時は・・・と不安が過ぎった方もいるでしょう。ですから、同じような結果を引き寄せたければ、似たような心理的過程性を辿る必要があるということも押さえておいたほうがいいでしょう。

つまり、この生徒さんがやったことは、現象(信号で止まらない、車が動く)にフォーカスしたのではなく、波動(安全に帰宅できて嬉しい!!!)にフォーカスしていたということです。

引き寄せの法則はすなわち、『似た波動のもの』を引き寄せる法則です。

だからこそ、使い勝手がよく、可能性があり素晴らしいのです。

引き寄せの法則に夢中になり出すと、とかく、現象にフォーカスしがちです。つまり、自分で、限定してしまうんですね。たとえば、『このような』家が欲しいではなく、『この家』が欲しい、『こんなタイプ』の人が好きではなく、『この人が好き』とか・・・

家も人も前者は無限の可能性がありますが、後者はたった一つです。前者は波動ですが、後者は目の前の事実です。これでは、引き寄せの法則を知って不自由になるだけです。

霊的な能力を持ったある方から聞いた話です。

ある家を買ったから見に来ないか?とその方は誘われたそうです。近くまで行ってみると、まさか、この家じゃないよね?と思える家が目に飛び込んだそうですが、その誘った人が嬉しそうにこの家よ!!!と指さしたそうで・・・

もう、何て言ったらいいか・・・その家は霊道にあたり、たくさんの霊がその家を通ってあちらに行くそうなんですが、質の悪い霊が結構、溜まっているのが視えたそうです。

不幸になるのは目に見えていたので、嫌われるのを覚悟で、この家は止められないか!!と言ったそうですが、造りや間取りが大変気に入っているし、そんなのは気にしないと意に介さなかったそうです。

入居してから、家族に次々と不幸が襲いかかり、数年してその方も癌に罹り亡くなったそうです。最後の言葉が、先生の言ったとおりにしておけばよかった・・・だったそうで・・・。

さて、この方は、幸せだったのでしょうか?

もちろん、束の間、幸せだったでしょう。『欲しい家を手に入れた』という幸福感ですね。

決して、幸せだなぁと感じていたから、この家が来たわけではないでしょう。

この方は、自分で決めた現象(この場合はこの家)を手に入れることが幸せであり、望みだったわけで、末永く幸せであることが願望だったわけではありません。

もし、そうならば、この人は霊能力のある方のアドバイスに従っている可能性が大ですから。

この人は自分の望んだものを手に入れる幸せは見事に引き寄せ、その結果、不幸に生涯を終えました。

ではこの人は不幸なんでしょうか。今生に限れば、不幸に終わったかもしれませんが、来世があるとすれば、最後に、言うことを聞いていれば・・・と反省しながら亡くなったわけですから、自分の感情の赴くままが必ずしも、幸せとは限らず、人の忠告に耳を傾けることも大事かもと多少は気づかれたようですから、来世では多少リスクが減るかもしれません。そう考えれば、学びだったとも言えるわけで・・・

私は引き寄せの法則、正確には、『似た波動のもの』を引き寄せる法則というのは何て素晴らしいのだろうと思うのです。

似たものですから、無限の可能性があり、ファジーでよい・・・自分でこれじゃなきゃ駄目!!!という限定さえ外せれば、顕在意識ではわからないことも潜在意識がすべてやってくれる。その時により幸せになっていくというたった一個の限定(お願い)さえしておけばいいのですから。

フェルデンクライス博士が、その人の成熟度はどのくらいグレーゾーンを許容できるかだと言っていたそうですが、自分も過去を振り返ってみれば、駄々っ子のようにまったくグレーゾーンを許容できませんでした。その結果、幸、不幸は運任せでした。自分の思った(それも現時点での未熟な意識状態)とおりになったから、幸せ、思ったとおりにならないから不幸せという、現象が先、つまり、外側が満たされるから幸せだ!から、幸せだなぁと思う(というより、正確には感じる)から、幸せな様々な現象に気づくという反対のプロセスに移行しつつあります。

生徒さんの驚きと喜びに満ちあふれた報告を聞きながら、その生徒さんの体験を我が事のように喜ぶ他の生徒さん逹を眺めていて、そんな機会に巡り会えて幸せだなぁと感じられるようになった自分も幸せ一杯でありました~♪
【2013/09/05 05:17】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する