fc2ブログ
波に乗る~♪
何事にもタイミングってありますね。

昔から言われている、「時と場所と縁」・・・これは、その何事が成就するための因子。

今年は少し違った展開でレッスンをスタートしたことは、前回、前々回と書きました。

そんな流れに飛び乗ってきた、青年とのメールのやり取りを、今回はちょっとご紹介。

彼は、以前、何度かレッスンに来てくれました。久々のメールには、PCが故障し、情報が全て消えたので、もしも、メールをPCに送っていたら、スマホの方に送り直してくれないかとの事。

私は夢を持っている若人は大好きであり、老婆心がちょっと過ぎるんですね。もちろん、昔は若人だった夢追い人も好きですよ(笑)

春ももう間もなく~♪ 若いっていいな~♪


以下、引用開始。


〈私の返信〉

こんばんは。

新年になりましたので、以前のメールはもういいでしょう(笑)

新年で区切りがいいので、各教室でユー・フィーリング(幸福感覚)に一瞬で入るレッスンをフェルデンクライスのレッスンの前に、しばらくやることにしました。誰しも思考が纏まらない、頭の中のお喋りが止まらず、心がざわついて困った経験があるでしょう。考えれば考えるほど、不安になったり。

武道の古歌でも、「ココロこそココロ転がすココロなれ。コロコロにココロ、ココロしていよ!!!」 などと迷う心をどう扱うか苦心されてきました。ですから、剣禅一如のように禅に心の安定、平常心の類似性を見て来た歴史性があります。明鏡止水もそうですね。

とはいえ、平常心になるのは、なかなかに困難であり、雑念や想念もそう簡単には止まりません。ところが、時代性なのでしょう。誰でも簡単に自動的に思考が停止する方法が発見されました。自分で試してみて、絶大な効果があったので、各クラスの生徒さんたちにも試してみたところ、すべての生徒たちさんにとても好評でした。

詳しいことは、私の以下のHPにリンクが貼ってありますので、そちらを参考にしてください。

http://kanfuboy7.blog61.fc2.com/blog-entry-313.html

紹介したサイトや本を読む前に、一度、暇があればレッスンに来て下さい。一回、体験すれば、後は、一瞬で思考が停止する状態に入れるようになります。明鏡止水も自分の感覚でハッキリと実感できるでしょう。武道であれ、就職や将来などの様々な心配事に対処する心の有り様などにも絶大なる助けになると思いますよ(^_^)v


〈彼からの返信〉

夜分に大変申し訳ありません。
ユーフィーリングを体験しました。
身体と心が一つになっていくのが分かりました。
やる前は身体と心がバラバラで放置していました。
先生のブログも拝見しました。
僕は変な人かもしれません。
前から精神世界に無意識的に興味がありました。またそれを目指しています。僕が求めているもの、学びたいものです。又絵の中に入る感覚あります。何か文章では表現しづらいですが、今日このメールが送れてよかったです。
僕が求めてる物、人はもうすでに会っているよと、何かから言われてているようだったのでメールを送って僕の心が安心しました。文章力がなくて自分の感覚、イメージにあった言葉が分からないよくわからないのですが、メールしました。何か自分が言葉として表現出来なかったことを表現されているのでびっくりしました。


〈私の再返信〉

ユー・フィーリングを体験できましたか。おめでとう(^_^)v

ならば、自己の中に本当の自分、本質的な自分がおり、迷う必要もなく、ユー・フィーリングにまずは身心を委ねていけばよいと得心がいったでしょう。後は、自ずとユー・フィーリングが必要な人、必要な教えとの出会いへ誘ってくれます。

弘法大師が言うように、同行二人、ユー・フィーリングはいつも一緒ですから(笑)

さて、君は変な人ではありませんよ。今の時代でも、比較的少数派ではあるでしょうが。人間とは何か!自分は何者であり、どこに行こうとしているのか、何故生まれてきたのか、自分の使命とは何か・・・ etc. 君は、生きるということに真摯なのです。多くの人は、何となく生きていけますが、君には難しいでしょう。でも、その気持ちが真の自己との出会いに誘ってくれるのですから、そんな迷いの心もまた愛おしく感じてきませんか(笑)

私が君のような心の奥深くから微かに囁く思いの原型に気づいたのは、中学生の頃読んだ「カモメのジョナサン」でしょう。もちろん、今のように、言語化する能力はありませんから、激しく心が揺さぶられた・・・でも、言葉に出来ないもどかしさ、焦燥感・・・

いつの時代にも、君のように真の自分を知りたい、出会いたいと深い心の内側から揺さぶられる、若人は出てきます。そんな迷い人に、君の、今までの 、そしてこれからの経験が、道の歩みが役立つことでしょう。
【2014/01/29 23:33】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
秘事は睫
いつの間にやら、一月も間もなく終わりですね。

皆さんはどんなスタートでしたか。私個人としては、幾つかの点で、まぁまぁ、良いスタートが切れたなぁと実感しております。

しまった!!!と思われる方は、節分の頃、旧正月があるので、この辺で再スタートを切るのもいいかも。動機付けには良いタイミングだと思いますよ~♪

さて、最近、本業のフェルデンクライス ネタ が全然取り上げていませんでしたので、たまには取り上げましょう。

といっても、フェルデンクライスに興味のない方もいらっしゃるでしょうから、それに関連した話です。

フェルデンクライス・メソッドの第一人者であるミア・シーゲル女史はワークショップの最中、しばしば、我々のレッスン中の意識状態をこれがラーニングだ!!!と呟くことが何度かあったのですが、一般的には心が落ち着いて、感受性が高まり、意識がシャープになっている状態ですね。一言で言えば、覚醒している・・・

これがお互いにFIを行っている最中に、時折出現するわけですが、別にフェルデンクライスに限らず、様々な分野でも重要な精神状態ですし、特別な人に限らず、稀に出現することもあります。ゾーンに入る!なんていうのも似たような精神状態、心身状態なのでしょう。

昨年末、フランク・キンズロー氏のユー・フィーリング(幸福感覚)について、幾つかの動画と本を紹介しましたが、生徒さんたちにさり気なく伺うと、ほとんどの方は興味が無かったようです。また、読まれた方もピンと来ず(^_^;)だったり・・・

まぁ、キンズロー氏ご自身も、ユー・フィーリングを体験するより本を読むほうが大変と言っていますし(笑)

そこで、一年の計は元旦にあり!というように、各教室のレッスンの一発目にこれを簡単に体験してもらう事にしました。

ちょっとした手順を辿れば、確実に体験し、実感できます。一旦、体験してしまえば、一瞬でユー・フィーリングに入れるようになります。難しいのは、あまりに簡単なので、日常生活で入ることをコロリと忘れることです(笑)

全員、ユー・フィーリングをハッキリと実感して頂けましたが、あまりに、簡単なので鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしている方の多いこと(笑)

まさに秘事は睫!

通常のレッスンでは、良い状態になるのに段々と意識がその方向に高まっていくわけですし、いつも、良い状態、さらには、ユー・フィーリングの状態になるのは、なかなか難しいわけです。つまり、レッスン開始→ユー・フィーリング(運が良ければ???)となります。

ですが、今年からは私のレッスンはユー・フィーリング(という高度の意識状態)スタート→レッスンと順番が逆になります。

もちろん、誰もがユー・フィーリング(幸福感覚)を望んでいるわけではありませんが、一瞬で入れますから、一瞬で入れる手順を今年の前半くらいまでのレッスンで少し時間を割いて技能化し、それによって、ユー・フィーリングを習慣化してもらうことで、皆さんの気づきの能力を飛躍的に高い状態に維持しつつ、効率良くレッスンを学んで頂けたらと思います。

ユー・フィーリングと普段の意識状態では、気づきの能力に雲泥の差があるのは、皆さん体験して頂きましたので、これがどこまで高まるのか、楽しみでしょう。

さて、では皆さんがレッスン中にユー・フィーリングに入ると例えばどんな事が起きるのでしょうか。一つ、部屋が静寂になります。人がたくさん集まると、黙っていて静かにしていても、どこか落ち着かないと皆さん感じることがあると思います。静かだけど、落ち着かない・・・

部屋に誰もいなくても、静寂とは限らないんですね。例えばアパートとかマンションの空き部屋なんて、ドアを開けた途端、静かだけど、何となくある種の雰囲気が漂っていたりします。つまり、静寂とは人の身心から発せられ、それが、周囲に伝播するわけです。

ですから、生徒さんたちが、ユー・フィーリングに入ると、途端に部屋は静寂に包まれます。生徒さんたちも皆、その違いに気づきます。つまり、静寂、静けさとはその人の心身の状態から生まれるものであり、単に音のない静かとは違います。外で自動車の行き交う音が聞こえていても、静寂ですから(笑)

一年もすれば、ほとんどの生徒さんたちは、ユー・フィーリングで過ごす時間が劇的に増えているでしょう。人によっては、今、ユー・フィーリングの状態にいた、さらには、その状態にいることに気づく人も出てくるでしょう。

そして、いずれ・・・なかには、ずーっとユー・フィーリング状態の人も出てくるでしょう。ここまで来ると、ある段階の悟りですね。

戦乱の世に浄土真宗から妙好人が多数輩出しましたが、あの生きること自体が超困難な時代性故に、西方極楽浄土を信じ、阿弥陀仏一念で阿弥陀様と自分を同一視出来るほどに信心できたわけですが、現代人にはこのような一念は困難でしょう。

ですが、ユー・フィーリングは、信じるものではなく、実感そのものです。誰もがいとも簡単にハッキリと体験(体感)できます。

まさに時代性なんでしょうね。ひょっとすると、妙好人が多数輩出する時代なのかも。

さて、これからは、私の周りはユー・フィーリングの波動だらけですから、一番ラッキーだったのは私ですね。私が忘れていても、周りの皆さんが思い出させてくれますから(笑)
【2014/01/27 17:04】 | 上達 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年はどれを選ぶ~♪
2014年も昨年と同様、穏やかなスタートとなりましたが、皆さんはいかがでしたか。

とはいえ、私個人としては内面的には大きな変化の波動の延長線上にありますから、年末の30日くらいに、またまた波動が変わったなという実感がありました。その流れの今年も当然にまだ色濃く、その影響を受けているわけですが、数秘学的には3ヶ月くらいは二つの数字の影響を受けるわけですね。

たとえば、1の年であれば、昨年(9の年)の10月くらいから、1の波動を帯び始め、9の波動は徐々に衰退し、1月でほぼ入れ替わります。その年の9月が通常1の波動の最高周波数となります。

というわけで、せっかくですから、今年も剛君のモノをお借りして貼っておきます。年度は今年に変えてあります。

■さて新年恒例、今年の「個人年」チェックです。

カバラ数秘術では9年サイクルで、「個人年」と呼ばれるその年の波動が変化します。
あなたの2014年の個人年を計算してみましょう。


■2014年のあなたの個人年の求め方

西暦の年数と誕生日の数を足していくだけです。

※9月1日生まれの人の場合

2+0+1+4(年)+9(月)+1(日)=17

1+7=8(今年の個人年)

8が個人年の数になります。



■個人年の詳しい解釈は、検索したり専門書をご覧いただくとして、
ここでは、キーワードだけリストアップします。


個人年1の年:はじまり 

個人年2の年:協調 つながり

個人年3の年:創造 社会活動

個人年4の年:具現化 ハードワーク

個人年5の年:変化・変容

個人年6の年:育成 調整

個人年7の年:内省

個人年8の年:拡張 物質的収穫

個人年9の年:完成 完了


いかがですか?
今年のイメージが広がったでしょうか?



ここまでは昨年と同じですから、おまけでもう一つ。

個人年を運気(波動)と考えると、単純に見積もっても3重構造をなしていると考えられます。

1.この情報は知らないが、知らず知らずに数の影響は受けている・・・自然的、普遍的

2.今年がどの数か、知った。あるいは、知っている・・・受動的

3.今年の数を知っているがゆえに、絶えず、あるいは頻繁に意識して、思考、行動を選んでいる・・・積極的、意識的

さて、1~3まで、数の影響を受けていることは共通です。

1に関しては、知らないのですから、今は対象外として、では、2との違いはなんでしょうか。2は、情報として単に知っている、知っていた・・・ですが、これは、1とどんな、さらにどの位違ってくるのでしょうか。

一般的に知られているのは観察者効果ですね。

私は理系は弱いので、興味ある方はご自分で調べて頂くとして、自分が如何に客観的に対象に向き合おうとしても、向き合うどころか、注意を向けるだけで、その対象は影響を受けてしまうということです。

手術後の経過が、祈りを受けた人とそうでない人には明らかに有意差があるという研究報告も最近出ているようです。つまり、人(物、現象など)を思う(祝うだろうが呪うだろうが)ことは、明らかに対象及び自分にも微かに~絶大に影響があるということです。

だとすると、2は微かに~絶大に、知っただけでも影響があるということです。これが1との違いですね。

2が受動的だとすると、3は能動的と言えるし、2が潜在意識的な関与だとすれば、3はプラス顕在意識的と言えたりもします。

つまり、1年のスタートに当たって、大ざっぱには3つの道があるわけです。もっとも、これを読んでいる(やって知った)時点で、1という選択肢はありませんが(笑)

1(2と3にも当然共通)の自然的、2の受動的、3の能動的・・・これを様々に組み合わせるとたとえば、今年の年末はまさにパラレルワールドのように幾つもの世界が広がっています。

皆さんは、どの世界へワープしますか~♪
【2014/01/05 16:23】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する