fc2ブログ
表現・・・教養
今日はこの辺は風が強いですが、最近、強風の日が多いですね。

寒気と暖気、まさに夏に向けてのせめぎ合い、天気も生きていると感じます~♪

前回、自分に限って言えば、今はもう落ち込むことはないと書きましたが、そんな私でも、かつては悪戦苦闘?して、何とか気持ちを立て直そうとしたこともあった(というか、そればかりですが)と書きました。

思考、特に感情は瞬瞬刻々と変化するのが常態であり、大きく変化した後、それに気付くのが普通です。要するに感情のスケールの段階が大きく変化してから気付くので、修正が困難になるわけです。

落ち込むということは、気付ければ、相当の段階を経てそこまで行くわけですから、落ち込み始める方向に意識が向かっていることに気付ければ、相当、いろいろな手段が講じられる可能性があるわけですが、最悪の場合、毒をもって毒を制す!的な方法論くらいしか選択できないこともあるというのが、前回の一番最後の体験談です(笑)

さて、私はもう過去のことは興味が薄れていることは何度か書きました。

特に、ユー・フィーリングを実践するようになってからは、当初は淡々とした感覚、次第に静寂に包まれている時間が増え、現在は、それを基盤に微かな幸福感や自分の周囲の環境に生命力や躍動感を感じる時間が大半となってきました。

ですから、自分個人としては、感情のガイダンススケールも別に使ってはいないんですね。ブログに書くのに分かりやすいだろうからお借りしているだけで。

今は、いかに日々ユー・フィーリングに入っている時間を増やすか・・・だけですから、ブログに書きたい事も別段、なくなってしまいました(笑)

正確に言えば、表現の仕方が今の私には見つからないということです。

たとえば、ある感情を文で表現すると・・・爽やかな心地よい風に吹かれて、空を眺めていると・・・気持ちいいなぁ~♪ この文で終わりなわけですが、何年か前と今では内実は違うんですね。

以前は、爽やかな風が頬に、身体に触れて、さらに通り抜けて気持ち好いという触感から来る、快の感覚に心地よさを感じての感想です。

今はそれプラス、風が、空気が生きている、だからこその躍動感であり、生命力であり、それが、自分を取り巻き、自分もその一部である、そして、不思議なことに、まるで、自分の周りに誰かいて、私の喜びをその人?も共に喜んでいるような感覚すら生じてきます。

ですが、文にすれば、爽やかな心地よい風に吹かれて、空を眺めていると・・・気持ちいいなぁ~♪ で終わりです。小学生の作文ですね(笑)

きっと、豊かな感性をお持ちの方は、こういう感覚以上の事を日々感じていらっしゃるのでしょうし、豊富な表現力をお持ちの方は、これを、詩や俳句、文学などの筆の冴えで表現したり、あるいは、絵や写真、彫刻や生け花などに表現したりもするのでしょう。さらには、音楽やダンスなどの身体表現する方もいらっしゃるでしょう。

私はそういう感性とは、無縁と言ってもいいくらい遠い所(感じない、感じることができない)で生きてきました。ですから、況んや、それを表現しようという気すら起きませんでした(というより、そもそも感じないのですから、表現なんて不可能なんですが (^_^;))。

ですが、こうして、かつてとは明らかに違う世界を感じるに至って、自分なりにこういう世界を何か表現してみたいと気持ちがそこはかとなく湧いてきました。

たとえば、言葉で説明は多少できても、それを生き生きとした豊かな筆の冴えで表現はできません。まるで、小学生の作文ですから。

考えてみると、自分にはあまりに教養がないからだと思い至りました。感覚がなかったわけですから、その手の感覚を表現している芸術作品もまるで興味がありませんでした。

今は、何となく何かを感じるようになってきたのですから、まずはそういう作品に触れて感性を広げたいなぁとしみじみ感じだしました。そうすれば、いずれは自分でも表現の形が見つかるかもしれないと思い、そう考えると、人生、結構、楽しいのです(笑) この歳で芸術家は至難でしょうが、自分の人生で無縁と思っていた世界が垣間見えるわけで~♪

こうした変遷は、様々な人、教えとの出会いのお陰ですが、私にとっての、とどめの一撃がユー・フィーリングだったのでしょう。

仏教には四智というものがあり、、深層意識が整って、こだわり(思い込み、決めつけ)や執着心が消えると心の迷いが消えて、4つの叡智が心に発露すると言われているそうです。

大円鏡智・・・宇宙の森羅万象、本当の姿を歪みのない鏡のように映す心
平等性智・・・自分も他人も自然もすべてがひとつで平等であることを深く実感する心
妙観察智・・・観察力がつき、洞察が鋭くなる
成所作智・・・一番ふさわしいときに、ふさわしいことを成すことができる

上から三つまでは、自分もその過程性にいると実感はできます。もちろん、到達ではありません。四つ目は、もう少し年月が経って振り返ってみれば、検証できるのだと思います。到達していれば、今、その状態にいると宣言できるわけで(笑)

この四智を読んで、良い意味で他人事ではないと実感できるのは、まさにユー・フィーリングのお陰でしょう。

人はどう変わるかわからない・・・だからこそ、希望があり、面白いですね(*^_^*)
【2014/05/26 16:18】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
一足飛びは難しい・・・
こちらは晴れてて、あちらは土砂降り。

今日は天候が荒れてますね。

人間も生きていれば、そういうこともたまにはあるでしょう。今の私は 感情のガイダンススケールで、8以下に落ちることはありません。1~3から8までは何段階もありますから、下がっている間に途中で気付く時間が充分あり、すぐに感情を修正してしまうからです。

もちろん、上記は基底的な意識状態の話であり、一過性で、瞬時にカチンとくる反応などはあります。ですが、単なる反応であり、今はその怒りの反応に気付いていますから、これに巻かれることはありません。もちろん、意図的に怒りを演じることは可能ですけど(笑)

前回、感情のスケールで、意図的に8~11の普段の状態から、1~3へ上げようとして挫折したと書きましたが、もちろん、いきなり8→1を目指したわけではなく、7~4を経ていくルートを探しました。

ですが、私にとって8と7は分水嶺であり、この質の違いは相当なものでした。8.退屈以下と7.満足以上はベクトルが逆であり、(身心未分の)基底的な意識(≒気分)そのものが8以下はネガ、7以上はポジです。よ~し、やるぞ!!!という一過性の意識(≒志向意識)のポジでは、とても基底的な意識のネガは、動かせませんでした。すぐに、一過性の意識のポジは逆に、基底的な意識のネガに染まってしまい(笑) 

そもそも、一過性の意識は、基底的な意識から生まれてくるわけですから、通常の力関係では、基底的な意識のほうが圧倒的です。

私は偶然、ユー・フィーリングで1~3へ向かう道へ行っちゃいましたが、私とて、一度や二度、ユー・フィーリングに入っただけでは、筋金入りの基底的な意識は動かなかったでしょう。基底的な意識がネガからポジに変容するには、やはり、相当の日数を要したわけです。

でも、逆にいえば、諦めなければ、その変容は可能なわけですから、変容したい方は是非、チャレンジを~♪

経験者は語るですが、やはり、質的に大きく違うものは、一足飛びに変化するのは困難です。今の私は8以下に戻るのは困難ですが、これは、7以上にいる時間が日毎に延びていったからです。つまり、今も7以上にいる努力(今は努力感はありません。引き寄せの法則が働いてくれていますから)はしてはいるんですね。気分の良くなるものを見る、聞く、感じるといったことに注意を向けて。

過程性を考えれば、今、FeelGoodになかなか留まれない、落ちてしまう、行かないという方は、無理せずほんの少しだけ、気分がよくなる方向を探すことを続けることが結局は近道でしょう。

今の時代はこういう方法論もいろいろあるわけですから、自分にあったものを探せば必ず見つかると思います。

皆さんもそうでしょうが、私も知らない時は、いろいろ苦労しました。気分転換で済むような軽度のものから、時だけが解決してくれる重度のものまで・・・

そういえば、今の私にとっては懐かしい思い出ですが、本当にこの曲に救われました。振り返ってみれば、こういう意識状態、感情に翻弄されてもきたんですね。思えば遠くへ来たものです。今となってみれば、そんな自分に愛おしさすら感じます(*^_^*) もしも、かつての私のような方には少しは役立つかも・・・
【2014/05/22 15:12】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する