fc2ブログ
補足 y=x²
暑かったり寒かったり・・・さすが三寒四温の季節ですね。

y=x² の補足で出鼻をくじかれましたが、サラッと片付けちゃいましょう。あれから、自分の人生を例に使って補足するかとも考えましたが、過去に帰るのもイヤなので、どうしたものかと(苦笑) 

マスコミはまだまだ清原容疑者の話題で引っ張るつもりのようですし、私はネットやましてテレビでは彼の事を全然ウオッチしませんから、今ではむしろ皆さんの方が彼について詳しいことでしょう。

そこで、彼を例にサラッと軽~く済ませるのが分かりやすいと思った次第です。

さて、y=x² という式は皆さん、見たことがあると思います。というか、普通、ご存じだと思いますが、私は見たことある程度の記憶なので(^_^;

これは、グラフでは放物線を描くわけですが、xの値が増える程、急激にyの値が増えるわけですね。xが二乗されるわけですから当然です。

別に数学の話ではありませんので、気楽に考えてみると、この二乗の部分が引き寄せ的だなぁと思えるわけです。引き寄せは渦ですから、段々、それも加速度的に急激に大きく激しくなっていくわけで、そこがこのグラフの放物線に似ているように感じます。

ところで、y=x² というのはとても基本的な式ですね。記憶ではy=x²+10 とか y=3x²-5 とか y=-2x²+100 とかもう少し複雑な計算が要求される計算もずいぶんとやらされましたねぇ。さらには連立方程式とか(^_^;

ここでは、数学の話ではありませんので、そんな難しい事はどうでもよく、要はy=x² に変数(書き方によっては定数になるのかな)が加わった式が引き寄せの法則を考える時に結構、参考になるという点です。

引き寄せの法則は非常に普遍的な法則ですから、数学もその埒内なのも当然なのかも。まぁ、私は数学は全然ですから、これ以上は立ち入りません(^_^;

さて、では清原容疑者をこの式に当てはめたらどんな式になるでしょうか。高度な数学を理解でき駆使できる方なら連立法的式とかそれ以上の複雑な式を考えられるかもしれませんが、アナログな認識をデジタルに数学で100%解明するのは、おそらく不可能でしょうから、サクッと超シンプルに適当に考えてみましょう。

私なら例えば、こんな数式を彼に当て嵌めてみます。y=-2x²+1000000

yはこの場合、今であれば彼の人生が分かりやすいでしょう。yは任意ですから、いろいろ入れることが出来ます。野球とか、価値観とか、趣味とか・・・。もちろん、その場合、-2とか+1000000という値は違ってくるわけですが、数学の式を勉強しているわけではないので、正確である必要はありませんし、正解なんてありません(笑) 単に彼の傾向がシンプルに分かるだけです。

さて、ではこの式のyとxに文字を入れてみると、こんな風になるでしょう。

人生=-2(認識)²+1000000

認識は、彼の思考や志向、嗜好などの総合ですから、細かく分けると式を複雑に出来ます。数学の得意な方なら考えてみるのも面白いでしょう。

では、-2や+1000000とは何でしょうか。

-2と私が考えるのはスポーツ、彼の場合には野球ですが、マイナスになる彼の恒常的な思考です。別に、-3でも-4でもそれ以上でもいいですが、値がでかくなりすぎて面倒なので-2で考えてます。

彼の場合、人生=野球と言っても過言ではありませんので、アスリートとして心身の管理は常人以上に大事です。かつて、テレビか雑誌で、何のために野球をやるのかと聞かれて、たくさん金を稼いで、旨いもの食って、旨い酒を飲み、銀座の好い女を抱くためだ!とハッキリと言ってました。だからこそ、つまらない練習や辛い練習を我慢出来るのだと。野球そのものが好きなんてバカじゃないのか!!!とも・・・

この考え方が野球に限らず、何かを極めて行きたいと願う人間に取ってはマイナス以外のなにものでもないのは当たり前すぎるくらい明瞭な事です。だから、私はマイナスをつけたわけです。ですが、彼にはマイナスには見えないというか認識すら出来ませんが。ここを野村氏は鈍感と言っていますね。

さて、では+1000000(プラス100万)とは何でしょう。これは、彼の野球の才能や遺伝的な身体の頑丈さです。かつて、彼と同じように銀座で遊んだ他の選手は翌年には成績がガタ落ちになる人が大半でした。彼と一緒に遊んだ選手がしみじみと言ってました。自分は数年で引退まで行ったのに彼はまだ現役が続けられるのだから、バケモノだと。一晩でヘネシーを2本空けても翌日ホームランを打てたりするわけですから。ですから、その選手はy=-2x²+100 くらいしか無かったわけです。プラス100ですからアッという間に身体資源が尽きてしまったわけですね。

シャブ中になったら、普通痩せてくるのに、彼は未だあの体躯です。どれほど身体が先天的に頑丈なのか・・・ですから、このバケモノ的な資質を+1000000と例えました。

では、x の中身、すなわち認識を眺めてみると、いろいろあるわけですが、野球という視点から見れば、野村氏の言うように何もない!の一言でしょう。選手晩年に藁にもすがる思いで、護摩行やビルダーのような筋トレをやりましたが、結果は選手生命を短くしただけでした。何もしないほうがましでしたけどね。だって二乗しちゃうんですから。

結局、如何に常人の100万倍くらいの資質を持っていても、この式から眺めれば末路は見えるということです。私が予見したときはもちろん、こんな式は念頭にありませんでしたが。

さて、誰しも y=x² に彼のように様々な変数が付いているわけです。そして、通常、自分にどんな変数が付いているかは分かりませんから、自分の流儀で x の値を増やす努力をすることになります。その x が二乗される(引き寄せの法則が働く)わけですから、例えば人生が何でこうなっちゃうんだろう???という人は、x を増やすのではなく、ひょっとするとマイナスの変数が付いているのかもと考えた方がいいわけですね。

それも通常は自分では見えないのですから、じゃぁーどうするのか・・・人は鏡ですから、人を媒介にするわけです。人の振り見て我が振り直せ!というわけです。

例えば、誰かを好きになったとき・・・自分なりに愛の表現を伝えたら、嫌われたil||li _| ̄|〇 il||liガクッ
同じ事をしたのにアイツは好かれた(○`ε´○)プンプン!!

同じなのになぜ逆の反応??? 人生、こんな事だらけでしょう(笑) つまり、変数が違うのですよ。この場合、自分の変数の場合もあるし、告った相手の変数の場合もあるでしょう。もちろん、両方ということが多いでしょうが。

タイプでないの!なんて言われる場合、嫌いなタイプの変数にバッチリ当てはまっちゃっているんでしょうね。これでは、努力すればするほど嫌われるパーセンテージがうなぎ登り(二乗ですから)になるだけでしょう。巷にいるでしょう。ストーカーとか(苦笑) 彼らがやらなければならないのは、何故、自分が嫌われるのか(どんな嫌われる変数を持っているのか)を研究して、それを減らし、その人に好かれる変数を、自分とは違って好かれる人から学んで取り入れる事です。同じ事をしたのに方や好かれ、方や嫌われるとしたら何らかの変数があるに違いないのですから。

さて、長くなりましたね。

今は、あんまり考えて生きてないので、次回はその考えてない事を考えてみますか~♪(笑)
【2016/02/21 22:57】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
春の兆し~♪
風はまだ冷たいですが、春の日差しを感じます~♪

春はいいですね!!!

私のPCも順調に?不調なので、報告は止めます。こうして、使えてはいるのですから、まぁ、ラッキーじゃないかと(笑) 少し強い風に吹かれて流れ行く雲を窓辺から眺めているとそんな事はどうでも良くなるので不思議です。

さて、今回はy=x²をもう少し・・・と思っていたら、引き寄せられちゃった???

題材として、若い人はともかくも大多数の人が知っているK氏に登場して頂こうと思っていたら・・・なんか、気力が萎えちゃいました(苦笑)

彼の事は引退がボチボチ見えだした頃、生徒さんたちに話したことがありました。丁度、テレビかネットで護摩行やレスラーかボディビルダーになるのかと思う程のヘビーウエイトでトレーニングしている時です。

当時、その姿を視て、いずれ、今のような状況になると予見しておきました。もう10年以上前ですね。まさに、絵に描いたようにそうなったわけですが・・・

というわけで、彼を題材にしてy=x²を補足しても私はFeelGoodでないので、またまた、y=x²の好い題材が見つかるまで、先送りですが、彼に関してなかなか面白い題材が見つかりましたので、一つ二つ。

私はスポーツは興味がないので、野球もまったく見ません。ですので、選手の事も全然知りませんが、有名な人は名前くらいは知ってはいます。今回、ご登場頂く、張本氏とか野村氏もそうです。両者とも偉大なるバッターと伺っています。特に野村氏は野村再生工場と言われ、他所のチームでは契約を打ち切られたような選手を何人も再生したりした凄い指導者だそうです。

一方の張本氏はテレビで『喝!!!』とやっていてご存じの方も多いかもしれませんね。今は野球解説者として活躍されているようです。

さて、ではK氏に対するお二人の感想をご覧ください。張本氏野村氏の感想の違いです。

これでもかというくらいにテレビやネットで連日報道されていますから、私も多少は目にしていますが、識者と言われている人の大半は張本氏のようなものでしょう。前回の流れで言えば、自己化レベルですね。

野村氏はそれを踏まえて、教育論、人生論、指導者論レベルの視点からも感想を述べています。つまり、かなりの他人化が出来るということです。だからこそ、名将、智将と言われる程の名監督、名指導者として名を馳せたわけです。

指導者とか、先生とか言われる職業を仕事にしたい人はお二人の感想を読み比べて、学ばれたら、考えてみたら結構役に立ちます。

フ~ンとかへーという感想の方は別の仕事が向いているでしょうけど(笑)

まぁ、それはともかく、春はすぐそこ!!!トキめきますね~♪
【2016/02/10 17:01】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する