fc2ブログ
巡り会い・・・
今日は初夏のような陽射しでしたが、風が強くて肌寒い・・・暑いのか寒いのか(笑)

今年は数日前にウグイスの初鳴きを耳にしました。例年より随分と遅い気がします。まぁ、その分、秋まで鳴いているのもここ数年恒例でしたから、自然界も大きく変容しているのでしょう。

ところで、今日は久々にクリスタルボールのRAURAさんの演奏をマーパイさんで聴きました。クリスタルボールの演奏自体を聴くことは1年ぶりくらいでしょうか。

最近はユー・フィーリングに入っていることに気づく時間も増えてきたので、演奏会の開始当初からかなりの時間を入って過ごせました。私の個人的な感覚という限定での話ですが、いつもは、演奏が始まって段々と周囲の波動と自分の波動が調和してくる感じなんですが、今回は最初から既にその感じでした。というより、自分と周囲という枠、境目が全然感じません。

演奏が始まると更に肉体の波動自体がこの周囲の枠のなさの波動に引き上げられて、身体の波動と意識の波動が限りなく近づいたような感じです。これは、何ら特別な事ではなく、身体感覚が希薄化し、意識のみが鮮明に意識化されている状態ですので、体験されている方も結構多いでしょう。私の場合、こうなるのに時間を要していたのが、今回の体験で簡単にそうなる事が判ったというわけです。

さて、今回は偶然参加出来たわけですし、それに参加できたが故に、偶然、体験出来た(参加していなければ、この実験は先送りなわけで)わけです。要は巡り合わせということですね。

偶然なのか?必然なのか?スピリチュアルな方は必然と考える方が大半でしょうし、唯物論的な人、科学的を標榜する方は、偶然とか確率とかで考える方が多いでしょう。

今の私はどっちでもいいと思っていますが、考え方ではなく、自分個人の感慨としてはすべてが既に決まっているんじゃないか・・・と感じ出しています。

別に運命論とか宿命とかの概念の話ではなく、素朴な感慨のレベルです。

帰宅途中にふと空を見やると一羽の見慣れない真っ白な鳥(白鷺のように足は長くはなくカラスよりは大きい)が頭上を飛んでいきました。ただそれだけの事なんですが、その鳥との巡り合わせは必然だったのだろうと感じたんですね。引き寄せだからとかの考え方(当然、引き寄せでしょうけど)ではなく、その白い鳥との一瞬の邂逅に過ぎった想いは『すべてがこれでよい!』というものでした。

あの白い鳥と巡り会わなければ、こんな想いは上らず、当然、このブログにも『すべてがこれでよい!』などと書くこともなかったわけです。

では、私にとって『すべてがこれでよい!』というすべての内実は何なのか?ですが、すべてですから、すべてなんですね(笑)

この感慨の前兆は幾つかありましたが、例えば、私は早足なので、都会の人混みをノロノロ歩くのは嫌いなんですね。イライラして追い越しをかけるわけですが、思った通りの速度では歩けないのが常態ですから、ストレスは溜まります。ですが、最近はきっとこれがいいのだろうと自然と感じるようになってきました。仕方ないから我慢するとか、このタイミングで歩くのが結局災難に遭わずに済んだのだとかポジティブに考えたり、思い込もうとする必要もなく。

すべてが一番良いことが起きているのだと不思議としみじみと思えるのです。かつては、自分の考えたとおりにならないと、感情が爆発して何とか、思い通りにしようと悪戦苦闘しましたが(笑)

達観とか諦めと形式的には同じですが、内実は感情がそう感じているのですから、随分と違います。頭ではなく心からそう感じるなら他力の『おまかせ』に近いでしょう。

人は無限の可能性がありますが、歩める道はたった一つです。何かを選択するということは、他のあらゆる可能性を捨てることでもあります。だからこそ、この選択で良かったのだろうか???と人は苦悩したり、逡巡したりするわけです。そして、それでも自力では選べないので他力、すなわち神にすがったり、祈ったり・・・etc.

私も若い頃、インドを放浪していたとき、ハッキリと人は生かされているんだ!!と確信しました。というより、生かされていたんですけど(笑)

ですが、日本にいれば自力でなんでも出来る(ような気がして)生かされているという感覚を実感するのは至難です。私も帰国後はあっという間に自力論者に戻ってしまいました。

前回、原点回帰と書きましたが、これもその一つで、インドとかの劇的かつ激的な体験故に生かされていると感じざるを得ないのではなく、一瞬一瞬が生かされていて、その一瞬一瞬の選択が自分でしているようでいて、実は既に決まっている(た)んじゃないか・・・そういう感慨があるのです。

若い頃、アガスティアの葉という摩訶不思議な葉っぱが南インドにあり、そこには、その葉っぱを読みに行く人の運命が大昔の聖者によって書かれているという本を読みましたが、それが本当かどうかはともかくも、そんな現象はあるのかもしれないと今は思えるようになりました。

当時、知的好奇心で読んでみたいと思いつつ、読んでしまって葉っぱ通りに生きるのもイヤだという思いから、手は出しませんでした。当然、私の葉っぱがあるとすれば、葉っぱにはその歳では行かないわけですから、それ以降の歳で葉っぱを読みにくると書かれているでしょう。

ですが、その後、自力の考え方を採用し、運命は自分で切り開くモノという考えた方にシフトしましたから、私の葉っぱがあったとしても興味はないし、見ないという選択をし続けてきたわけです。勿論、自力論者ですから、書いてある事が自分の思惑、感情にそぐ合わないなら、尚更、知らない方が好かったと思うに決まってますしね(笑)

今も別に読みたいとは思いませんが、あちこちでアガスティアの葉の話を耳にするんですね。今は、代行業者に頼めるそうですから、お金次第ということでしょうが、だとすると、今後、自分の葉っぱを目にすることもあるのかもしれないと思います。読んでも構わないと自分にOKを出していますし(笑)

そもそも今は、書いてある事に逆らおうという気がないですしね。感情や思惑が納得しなかったら・・・と思う方もいるでしょう。かつての私も当然そうでしたが、今は書いてある通りに生きると思いますよ。というより、おそらく納得してしまう事が書いてあるはずです。だとしたら、読む必要はないとも言えるんですけどね(笑)

こんな自分に変容し出したのも、ユー・フィーリングとか思考と思考の隙間に気づくなんて事に巡り会った(引き寄せ)からでしょう。

あの時に巡り会えていたから。。。人生とは、つくづくこの連続であると感じる今日この頃です(笑)
【2016/04/15 20:59】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
新しきを求めて古きに至る?
今日は初夏のような暑さでしたね。

暑いといえば、今日はちょいとあるところへ顔を出したのですが、いやぁ~、熱かったです(笑)

最近、ふと思うのですが、どうも人生、一螺旋して原点回帰している感が多分にあります。

今日も、古き友人たちに偶然会いました・・・まぁ、偶然ではなく必然でしょうけど。私が遠ざかっていて、久々に顔を出したのですから。

若い頃、私はスピリチュアルと言われるモノの先駆けみたいなことをやっていたのは、以前、書きました。10年くらい夢中してやった後、唯物論的な生き方、考え方にシフトし、それを徹底したわけですが、だからと言って本質は何も変わりはしません。とは言え、それなりに引き寄せの作用点は変わりますから、そういう世界からも本や教えも、友人たちとも必然的に遠ざかっておりました。

若い頃は興味本位で関わった世界が、最近になり、歳のせいか味わい、妙味が感じられるような気がそこはかとなくしてきておりました。

かつて、関わった世界、事象に対して、若い頃のような好奇心、知識欲ではなく、心地よい風に吹かれるままにそこに佇んでいたいというような思い、気分でです。

前回のブログに書いたように同窓会でも似たような展開となりましたが、今回も続いたということは、おそらくそういう流れに今の私は入っているのでしょう。

今回、古い友人たちに出会って、古い友人たちとも何らかの関わりが起こりそうですし、その友人たちを通じて、そのエリアの新しい人たちと出会いそうな予感もあります。

また、これ以外にも既に旧知の人たちとも新たな関係性として展開するのかなと感じた次第です。

古きの中に新しきを知る・・・

新しいモノを求めていたら・・青い鳥のようなものですね(笑)

秘事は睫毛!と言われるように、気づかない限りは存在しないと言う事でしょう。要はやっとこの歳になって、今、目の前にある事に、目の前にある教えに、目の前にいる人にうっすらと意味を見いだせるようになったということでもあります。

だからこそ、縁によって、今、目の前にある事に、目の前にある教えに、目の前にいる人に出会えていることに愛おしいと感じるのだと思います。

フ~ム、今年の春はなかなか楽しいっス~♪
【2016/04/10 22:31】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する