fc2ブログ
コントラスト
ここ数日の天候、寒暖の差は凄いですね。今週末は真夏日になるかもとのことですが、まだ4月ですよね(^^ゞ
そういえば、若い頃、GWに戸隠神社に行ったとき、Tシャツ一枚で吹雪の中を腰まである雪をかき分けながら奥宮まで参拝した記憶があるので、稀に季節外れの・・・ということはあるのでしょうが、近年、稀ではなく頻繁ですね。

異常気象のようにコントラストがハッキリしていると記憶に残りやすいですね。政界や官僚の方々は超優秀なのに記憶に残らないようですが(笑)

さて、コントラストといえば、昨日、激しい雨の中、パピヨネさんとご友人がまたレッスンにいらしてくださいました。その際に気付いた事がありましたので一つ二つ。

身体に痛みがあったり、動きにくいところがあると、そこが他の場所と比較してコントラストがハッキリしていますから、他の場所よりも意識にのぼりやすい、感じやすいというのは自然な事です。

当然、次にその箇所、部位を何とかしたいと思うわけで、何らかの取り組みをするわけです。揉んでみたり、摩ってみたり、湿布をしてみたり、治療を受けてみたり、etc.

これらに共通している事は、その問題の箇所に意識が向いているという点です。量子力学的に言えば、意識を向ける(観察する)とそこに現象が出現するそうですから、その部位、場所に意識を向けている限り、問題が発生し続けているという事になります。

例えばポジティブシンキング的に問題ないと思えればいいのですが、実際に違和感やまして痛みがあれば口で言うのは簡単ですが、内心は注意が向いてしまうのは人情でしょう。

では致し方ないのか・・・あまりに激痛とかであれば無理でしょうが、コントラストを利用して別の箇所、あるいは全身に快の感覚を生み出せれば相対的に不快の場所の感覚は低下、あるいは程度によっては消失してしまいます。

これは、フェルデンクライス・メソッドを経験している方には普通の出来事なので思い出して頂ければご納得頂けると思いますが、未経験であると難しいかもしれません。今も習っている方でも、習慣で半ば無意識に過去に戻る(痛かったことや不快だった時をわざわざ思い出す)のはざらですから。

引き寄せの法則で、今のストーリーを語るのではなく、成りたい自分のストーリーを語れというのがありますが、口先だけではなく感覚も変化させるのが難しいわけです。

このブログは習っていない方もいる思いますので、この辺にしておきますが、昨日はほんの少しこのあたりも感じて頂けたのではと思います。

つくづく、フェルデンクライス博士は引き寄せの法則という言葉は使わなくても、メソッド自体はこれを念頭に創っているのだなと思う今日この頃です。さすが、クリシュナムルティやグルジェフなどを深く研究しただけのことはありますね。
【2018/04/19 01:14】 | フェルデンクライス・メソッド | トラックバック(0) | コメント(0)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する