fc2ブログ
身体の中では・・・Part1
さて、ダイエットをするわけでもなく、痩せたわけを今度は身体の状態(特に内部)から考えておこうと思います。もちろん、医者ではないので、厳密にかつ正確に押さえているわけではありませんので、話半分でお読みください(^_^;)

 その前に、何故、痩せることがサンダルでピンと来なかったのか?ですが、理由は最初に書いたように、脳への刺激とあわよくば、右足の指の付け根が柔らかくなればよいと考えていたからでした。

 さらに、普通に食べているのに急激に痩せるというのは、リアリティが全然なかったんですね。結びつくのは病気くらいしか当初は当然思いつきませんでした。

 いわんや、ガイアの映画や酒までが、それに繋がっているとは、まったく予想だに出来なかったのです。

 痩せる前はむしろ太っていました。つまり、痩せなきゃなぁと呟きつつも、20年近く太る方向へと身心が変化し、かつ、それが当たり前の状態になっていました。すなわち、今は既においそれと痩せられる身心の状態ではなかったわけです。
身体の内部に目を向ければ、必要以上の栄養が長年摂取され続けた結果、余った栄養が脂肪として蓄えられてきたわけですが、その脂肪に身体には有害な老廃物や化学物質も封じ込めてきたはずです。

 ①から⑧までの症状を見ると、ある状態に非常に似ているんです。経験者はお分かりだと思いますが断食の期間中に出る瞑眩(めんけん)反応ですね。あるいは好転反応とか言われるものです。

 20年以上前は頻繁に行っていましたが、最近は全然断食はしておりませんし、ファスティングではこんなに過激に症状は出ませんので、すっかり忘れておりました。というより、食べていてこんな症状が出るなんてまったく思いつかなかったのです。

 ①全身がダルい。すぐに疲れる。
 ②頭に霞がかかったというより、濃霧に包まれた感じ。

 ①と②は、まさに断食の最中に出る症状です。すなわち、身体を維持していた栄養が急に来なくなったため、身体中の細胞に充分な栄養を供給できず、全部の細胞の生命力が急激に低下した結果出てくる症状です。

 では何故、充分に食べているにも関わらず、というより、必要以上に食べていたにも関わらず、痩せていったのでしょうか。考えられるのは消化吸収(同化)して摂取されたエネルギーよりも、排出(異化)されるエネルギーのほうが遥かに上回っているから痩せていくわけですね。

 私は中年になり基礎代謝も落ちて、若い頃のようなエネルギーは必要としなくなっているにも関わらず、相変わらず多量の食物を摂取し続けていたため太っていったわけです。

 もしも、食べたものを全部同化してしまえば、際限無く太ってしまいますから、身体内部の各器官が、総動員して余剰分を出そうとしますが、それが限界を超えると身体はどうするのでしょう。

 おそらく内臓の各器官の負担を減らすために、生命維持に必要な分だけ吸収して後は、無駄ではありますが、栄養分を吸収せず排出する方向へ行くと思われます。

 つまり、吸収(同化)するためにはエネルギーが必要ですが、余剰なわけですから、わざわざエネルギーを使って余剰分を同化しても無駄なわけで、働きを落として有り余って入ってくる食べ物から必要分だけ吸収してあとは、出してしまうということが起きるわけです。

 それでも、食べ物の摂取量は多いわけですから、少しずつ蓄積されますし、それに伴って有害な化学物質も身体に入ってきますから、それは、出さねばなりませんが、私の場合、ここに大きな問題がありました。それが、水不足です。

 腸管から入ってしまった有害物質を身体外に排出(異化)したくても、それを体外に安全に排出できるように化学分解するためには、大量の水が必要です。

 私はお茶やコーヒーで大量の水分は取っていましたが、これらには同時に利尿作用があるため、摂取すると入ってきた以上に水が出て行くことになります。

 そのため、体内での水はいつも枯渇状態ですから、入ってきた水分は全部、今、必要な細胞へ回されます。ですが、利尿作用によって、また、必要以 上に体外へ水分は排出され・・・という循環のために、とても有害な化学物質を分解して体外へ排出する余裕がありませんから、あまり動かない脂肪細胞に封印 する形で溜めておくわけです。

 当然、体内の各器官は、この自転車操業のレベルでずっと働いてきているわけですね。つまり、各器官も筋肉ですから、その程度の働きができればいい器官として出来上がってしまっているし、そのようにしか働けない器官となっているわけです。

 これは社会保険庁をみれば、よく分かるでしょう。もうどうにもなりませんよね。『本来』の仕事が出来なくなっているのですから。これと同じなのが、私の内臓の諸器官なわけです(苦笑)

 そんな体たらくの状態で、サンダルを履いたから大変なことになりました。足裏には各臓器の反射区がありますが、それが一斉に強烈な刺激を受けた わけです。とんでもない痛さというのは、ちゃんと働いていない証なわけで、その激痛により、各器官は喝(活)を入れられ、大騒ぎで普通の働きをしだそう一 斉に動きだします。

 これだけで、各内臓器官は普段よりたくさんのエネルギーを消費しますが、腸を中心とした吸収器官はどうせ使わないのだからと吸収を抑制してきて おりますから、急には吸収量を増やせないのです。腸とて筋肉ですから、急に働きは増やせません。発達するまで時間がかかるのです。

 しかし、そんなことは露知らず、私はサンダルによる刺激は毎日続けますので、それによって、各器官はサボっているとはいえ、多少の余力はあるわ けですから、その限界までは一気に活動を始めます。各々はほんの少しでも総計はかなりの量になりますから、当然、余剰の脂肪を分解してでも活動しようとす るわけですね。

 そこで大問題が生じるわけですが、余剰分の脂肪に蓄積しておいた化学物質も体内で動きだすわけです。これは、一種の毒ですから、早急に分解・解毒して体外に排出(異化)せねばなりません。

 ですが・・・肝腎の水がない・・・

 う~ん、長すぎ・・・_| ̄|○ 

 続きはまた後ほどm(__)m
【2007/07/01 00:34】 | スリム | トラックバック(0) | コメント(0)
<<身体の中では・・・Part2 | ホーム | 捨てる神あれば拾う神あり~(#^.^#)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kanfuboy7.blog61.fc2.com/tb.php/106-8aa4c69f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する