fc2ブログ
音叉&タイ古式セラピー
今日は音叉とタイ古式セラピーをパピヨネさんのところで体験してきました~♪

シンギングリン、クリスタルボールと同様、波動や周波数のチューニングに効果のありそうな音叉は是非体験してみたいものの一つでしたが、こんなに種類があるとは思いもしませんでした(笑)

タイ式マッサージは興味はありましたが、なかなか受ける機会がありませんでした。

それが二つも同時に受けられるとは・・・なんとラッキーな(笑) さらにツイていたのは、一応女性限定ですが、私も彼女もRAURAさんのクリスタルボールの生徒であり、RAURAさんのご紹介もあって、一応、信頼していただけたのと、一度、フェルデンクライスの教室にも体験に来てくださっていたので、お互い顔は知っておりました。それに、何度か、クリスタルボールの演奏会でもお会いしておりました。

本当はもっと早く受けるつもりでしたが、あまりに暑かったので、涼しくなったらと考えておりました。季節も丁度好い頃になってきたので、何か新しい体験をしたいという衝動が芽生えて(笑)

さて、音叉は様々な種類を体験しましたが、周波数が違うと明らかに感覚が変わります。特に、直に筋肉や骨、ツボに当てて響かせると、かなりのインパクトがあります。重みのある音叉は特に振動が内部に伝わるので、気持ち良かったです。

タイ古式セラピーは2時間バッチリやっていただき、久々に自分の身体を長時間感じる時間を持てました。

男の割りには筋肉が柔らかいとお褒めの言葉を頂きましたが、これは望外の喜びです。今までのブログを読んでくださった方はご存じですが、私の代名詞、死人のような硬さの反対ですから(笑)

硬いという自己イメージをボチボチもっと徹底的に払拭するべき時期に来ているんだなぁと実感しました。もちろん、部分的には異常に硬いところが何ヶ所も残っているのも事実ですが、もっと柔らかいところにフォーカスしてマインドを変えるべきだということです。

このマッサージは伝統があるらしく、受けてみて、上手く作られているなぁと感心しました。手順や手技が見事です。特に、脚を念入りにやってくれるので、とても良いと思います。いきなり肩凝りを解そうとするより余程効果的でしょう。

興味のある方は受けてみるといいでしょう。音叉のみならず、他のものとの組み合わせも自由です。身体を解されての音叉は振動がよく伝わりました。

そうそう、大きなかわいい猫ちゃんがお出迎えしてくれます。猫好きにはたまらないですよ(#^.^#)

【2011/09/29 20:22】 | 日々つれづれ | トラックバック(0) | コメント(2)
<<疑問に応える 21 努力は報われる! | ホーム | 疑問に応える 20 未来それは遊び心・・・その8 リコネクション>>
コメント
なんと!早速のご感想どうも有難うございます!
さすが身体の専門家!というくらい反応が早くて、こちらもすっごく勉強になりました^^
にゃんこも男性なのにスリスリしに行っちゃうんだから、安心だったんでしょうね~(笑)
またフェルデンよろしくお願いします!
【2011/09/30 00:01】 URL | kumiko #-[ 編集]
今日はお世話になりました(#^.^#)

音叉気に入りましたので、またタイ古式セラピーと合わせて受けに行きます~♪

にゃんこ先生に嫌われなくて良かったです(笑) 

【2011/09/30 01:11】 URL | kanfuboy7 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kanfuboy7.blog61.fc2.com/tb.php/211-eb292609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
いざ!自由へ フェルデンクライス・メソッド


フェルデンクライスを柱に、スポーツや武道、ダンス・バレエ、音楽・芸術などの表現を上達させたい人へ、そして、健康的で心豊かに日々を過ごしたい人に役立つことを・・・

プロフィール

kanfuboy7

Author:kanfuboy7
フェルデンクライス・プラクティショナー

夢は猫や虎のようにしなやかに自由自在に動く爺になる事です(笑) 現在、夢に向かってばく進中?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する